テクニカル的には売りなんだけど・・・ 

 4/14 NYClose時点の日足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きとなっています。

 一目均衡表でも、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線、日足<雲の下限と“三役
逆転”の弱気サインを点灯しています。

 MACD、Stochasticsが共に売りサインを点灯しており、目先の方向を示すピボットの5日EMA
が下向きで、これをNY Closeで下回っていること、下向きで推移するピボットの21日EMAをNY
Closeで下回っていることや、スイング・チャート、一目均衡表の状況を併せて判断すると、日足
ベースではドル売りスタンスで臨むのが妥当な選択であると考えます。

 但し、北朝鮮と米国が軍事衝突した場合、北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込む可能性は否定
できず、その場合でもリスク回避で円が買われるとは考えづらいんじゃないかと・・・。

ichimoku usdjpy 20170414 usdjpy pivot-kairi 20170414 macd & stochastics usdjpy 20170414





[2017/04/16 16:10] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)