上値の重さは変わらないけど・・・ 

 4/7 NY Close時点の週足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、売りサインを点灯しています。

 また、移動平均足は陽線ながら、これをNY Closeベースで下抜けていることやMACDが売りサインを点灯して
いることから、積極的にドルを買う地合ではないなぁって言うのが僕の相場観。

 但し、一目均衡表では、NY Closeベースで雲の中に埋没しており、“三役揃い踏み”の強気サインこそ逃して
いるものの、転換線>基準線、遅行線>同じ時間軸の週足となっていることや、基準線がサポートとして機能
していることから、積極的にドルを売り込む地合でもない。結局のところ、レンジ内での往来相場になりそう。

 週足を見る限りでは、慌ててポジションを取る必要はないってことかな。

ichimoku weekly usdjpy 20170407 heikinashima usdjpy 20170407 macd usdjpy20170407





[2017/04/09 13:33] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)