久しぶりにドル円の週足分析でも 

  3/24 NY Close時点の週足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に
下向きで売りサインを点灯しています。
 しかし、一目均衡表では、終値が僅かながら雲の中に入り込んでいる
ため、“三役揃い踏み”の強気サインこそ逃しているものの、遅行線>同
じ時間軸の週足、転換線>基準線とドルが堅調地合にあることを示唆し
ています。
 MACDが売りサインを点灯していることや週足の終値が移動平均足の
実体を下回っていることから、目先は利食い売りが先行する可能性は否
定できないものの、中長期的な観点からは、積極的なドル売りに転じる
のは時期尚早かなぁ。

ichimoku weekly usdjpy 20170324 heikinashima usdjpy 20170324 macd usdjpy20170324





[2017/03/26 14:02] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)