ユーロドル・・日足篇2015/06/28 

 6/26 NY Close時点の日足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に
下向きとなっています。
 一方、一目均衡表では、遅行線が同じ時間軸の日足と衝突しており、
“三役揃い踏み”こそ逃しているものの、転換線>基準線、日足>雲の
上限と強気サインを維持しており、買い優位を示唆しています。
 MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯し、目先の方向を示す
ピボットの5日EMAが下向きで、これをNY Closeで下回っていること、
下向きで推移するピボットの21日EMAをNY Closeで下回っていることや
スイング・チャート、一目均衡表の状況を併せて判断すると、日足ベース
では、戻り売りスタンスで臨むのが妥当な選択であると考えます。
6/29-7/3週の目標値は
COP=1.1064
OP=1.0947
XOP=1.0759
となり、この目標値は1.1374を上回るかトレンド転換するまで有効。6/26
NY Close時点での日足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となる
ポイントは1.1440超え。

ichimoku eurusd 20150626 eurusd pivot-kairi 20150626 macdstochastics eurusd 20150626


[2015/06/28 10:43] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)