ユーロドル、1.3423まで下落後は下げ渋りも上値の重さは変わらず 

 ユーロドルは、1.3427まで下落後、シカゴPMIが予想より強い数字になるとの噂に
1.3440まで小反発したものの、噂通りシカゴPMIが予想より強い結果となると材料
出尽くし感から1.3423まで下値を拡大。その後は下げ渋ってはいるものの、戻りは
鈍く上値の重さは変わらず。

USDJPY:76.816-827
EURUSD:1.34479-485
EURJPY:103.305-320

NYダウ:11084.58 -69.40
米10年債:1.91%




[2011/09/30 23:09] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/09/30 Part3 

9月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値):59.4(予想:57.8)



[2011/09/30 22:55] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/09/30 Part2 

9月シカゴ購買部協会景気指数:60.4(予想:55.0)



[2011/09/30 22:45] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは再び売りが強まる 

 ユーロドルは1.3476まで下落後1.3510まで反発したものの、1時間足では、トレンド・
スイング共に下向きを維持し、一目均衡表も“三役逆転”の弱気サインを維持しており、
上値は重く、ショートカバー一巡後は再び売りが優勢となり1.3463まで下値を拡大。



[2011/09/30 22:10] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/09/30 

8月個人所得:-0.1%(予想:0.1%)
8月個人支出:0.2%(予想:0.2%)
8月PCEデフレータ(前年比):2.9%(予想:2.9%)
8月PCEコア・デフレータ:0.1%(予想:0.2%)
8月PCEコア・デフレータ(前年比):1.6%(予想:1.7%)



[2011/09/30 21:30] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(9/30) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きで、且つ、先行
させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯し、21時間
移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ドルは堅調推移が予想
されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=76.97
OP=77.12
XOP=77.36

となり、この目標値は76.64を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは76.49割れ。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンドは下向きであるものの、ス
イングが上向きとなっており、方向が一致していません。Stochasticsが買いサインを点
灯しており、反発の可能性はあるものの、MACDが売りサインを点灯し、先行させた基準線
を下回り、21時間移動平均足が陰線で、これを下回っており、1時間足ベースでは、ユー
ロは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3529(達成済)
OP=1.3486(達成済)
XOP=1.3417

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.3601超え。



[2011/09/30 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

欧州株式市場大幅安で、ユーロは上げ渋り 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場は、ユーロのショートカバーが先行して始まったものの、
ユーロ圏9月消費者物価指数が市場予想を大きく上回り、2008年10月以来の3%台を示現したこと
でインフレ警戒が台頭したことで、欧州株式市場が大幅安となったことが影響している模様で、伸び
悩む展開。ユーロドルは1.3503から1.3546まで反発したものの、伸び悩み1.3516処まで押し戻され、
ユーロ円も103.61から104.10まで反発後、103.87まで押し戻される展開。



[2011/09/30 18:49] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

リバランスに絡んだ動き?ロンドン市場オープンにかけてユーロ売り強まる=午後の東京市場(9/30) 

 本日午後の東京市場は、午前のユーロ売りも一服し、小反発する展開となっていた
ものの、ロンパチのフィキシングにかけてリバランスに絡んだ売りなのか、ユーロが
安値を更新する展開に。ユーロドルは1.3563付近まで反発後、再び売りが強まり、
1.3488まで下落。ユーロ円も103.87まで反発後103.40まで下落。ドル円は、ユーロ円
に連れ安となり、76.49まで弱含んだものの、対ユーロでのドル買いに76.71まで反発。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20110930pm



[2011/09/30 17:02] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.35の大台割れ 

 ロンドン勢の参入に伴いユーロ売りが強まり、ユーロドルは1.35の大台を割り込み
1.3490まで下値を拡大し、ユーロ円も103.40まで下落。英・独の株価指数が安寄り
したことやリバランスに絡んだユーロ売りが出ているとの指摘が聞かれている模様。



[2011/09/30 16:09] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

弱い独経済指標を受け、ユーロドル再び下落 

 ユーロドルは1.3522まで下落後1.3563まで反発したものの、8月の独小売売上高指数が
前月比2.9%低下と市場予想平均の前月比0.5%低下を下回ったことを嫌気した売りに再び
弱含みで、1.3529処まで押し戻される展開。

USDJPY:76.594-604
EURUSD:1.35339-348
EURJPY:103.662-679



[2011/09/30 15:17] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、売り一服で小反発 

 ユーロドルは、一時1.3522まで下落したものの、日経平均がプラスに転じたことも
あってか、売り一服で1.3556まで小反発。しかし、1時間足では、トレンド・スイング
共に下向きで、一目均衡表でも“三役逆転”の弱気サインを維持しており、戻り売り
地合いに今のところ変わりなし。



[2011/09/30 14:43] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、遅行線が時間足を下抜け追撃売りのサインを点灯 

 ユーロドルは、アジアの株式市場が軟調推移となっていることもあって、1.3524まで
下値を拡大。1時間足では、遅行線が時間足を下抜け、追撃売りのサインを点灯。OP=
1.3486を目指す展開か。



[2011/09/30 13:21] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、COP=1.3529を達成 

 ユーロドルは、1時間足の目標値COP=1.3529を達成し、1.3524まで下値を拡大。



[2011/09/30 12:51] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

中間期末絡みの円買いにドル円、ユーロ円は軟調推移=午前の東京市場(9/30) 

 本日午前の東京市場は、本邦輸出企業による中間期末絡みの円買いにドル円・ユーロ円は
軟調推移。ドル円は76.86から76.53まで弱含み、ユーロ円も104.47から103.66まで下落。
ユーロドルは、トロイカ合同調査団のギリシャ査定、サルコジ仏大統領とパパンドレウ・ギリシャ
首相の首脳会談、独仏声明などを控え値幅は限定的ながら1.3600から1.3544まで軟調推移。

USDJPY:76.553-563
EURUSD:1.35395-401
EURJPY:103.651-670



[2011/09/30 11:53] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、76.54まで下値を拡大 

 ドル円はじり安推移が続いており、76.54まで下値を拡大。しかし、1時間足で遅行線が
時間足にサポートされており、下げ渋り。遅行線が時間足を下抜けできなければ、反発の
可能性も。



[2011/09/30 11:23] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.3560まで反落 

 ユーロドルは1.3600まで反発後はユーロ円に連れ安となり、1.3560まで下落。ただ、
1時間足では遅行線が時間足を上回った状態にあり、これを終値ベースで下抜けない
限り、下値は限定的なものにとどまる可能性も。



[2011/09/30 10:26] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円1時間足、トレンド転換&売りサイン点灯で上値目標値は失効 

 ドル円は76.57処まで下値を拡大し、1時間足がトレンド転換&売りサイン点灯となり、
上値目標値は失効。



[2011/09/30 09:53] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

円買い優勢、ドル円は76.60処まで小緩む展開 

 ここまでの東京市場は、円買いがやや優勢で、ドル円は76.84から76.60まで小緩み、
ユーロ円も104.47から104.11まで弱含み。ユーロドルは1.3581から1.3600まで小じっかり。



[2011/09/30 09:41] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/09/29の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:00現在

USDJPY:76.766-776
EURUSD:1.35830-841
EURJPY:104.267-290

と前日のNY Closeに比べ、やや円高ユーロ安水準で推移中。本日の東京市場は、
本邦輸出企業の中間期末絡みの最後の円買いにドル円は上値の重い展開が予想
される一方で、仲値にかけて本邦通貨当局が円売り介入を実施するとの憶測もある
模様で、仲値設定までは神経質な展開になるのではとの声が市場参加者から聞かれて
いる模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110930am



[2011/09/30 08:01] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(9/30) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きで、且つ、先行
させた基準線を上回っています。MACDが売りサインを点灯しており、下押しが入る可能性
はあるものの、Stochasticsが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で、これを
上回っており、1時間足ベースでは、ドルは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=76.85(達成済)
OP=76.99(達成済)
XOP=77.21

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&売りサイン点灯となるポイントは76.63割れ。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンドは下向きであるものの、ス
イングが上向きとなっており、方向が一致していません。Stochasticsが買いサインを点
灯しており、反発の可能性はあるものの、MACDが売りサインを点灯し、先行させた基準線
を下回り、21時間移動平均足が陽線ながら、これを下回っており、1時間足ベースでは、
ユーロは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3529
OP=1.3486
XOP=1.3417

となり、この目標値は1.3621を上回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.3664超え。



[2011/09/30 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、9/19以来の77円台示現も伸び悩み 

 昨日のドル円は、9/19以来となる77円台乗せ(77.03)となったものの、NY Closeベース
では遅行線が同じ時間軸の日足に上値を抑えられる格好となっており、伸び悩み。NY Close
でピボットの5日EMA並びに21日EMAを上回っており、もう一段の反発の可能性はあるものの、
77.46に雲の下限が位置していることや遅行線の行く手に日足が立ちはだかる形となっており、
依然として上値は重く、まだ暫くはレンジ内での揉み合いが続くんじゃないかな。



[2011/09/30 07:18] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/09/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110930



[2011/09/30 06:17] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/09/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日午前のロンドン市場は、強い独雇用統計を受け、
ユーロが続伸した後、独連邦議会がEFSF拡充を承認したことで目先の材料出尽くし感から
利食い売りに反落する展開。ユーロドルは、1.3601から1.3680まで上昇後、1.3605まで反
落し、往って来い。ユーロ円も104.09から104.78まで上昇後、104.25まで反落。ドル円は、
福島県浜通りで震度5強の揺れが観測されたことを受けた円売りに76.43から76.78まで上
昇。
 NY市場に入り、ドル円は、第2四半期GDP確報値が上方修正、新規失業保険申請件数や米
8月中古住宅販売成約指数の改善を好感したことやメドレーレポートが10月の金政策決定
会合で日銀が一段の緩和に踏み切る可能性を示唆したことで77.02まで上昇。その後、一
時NYダウがマイナス圏に転落したことで76.63まで反落したものの、下値は堅く76.83まで
値を戻す展開。ユーロドルは、1.3605から1.3664まで反発後、中国の成長鈍化が一段の
世界経済成長鈍化につながるとの懸念に一時NYダウがマイナス圏に転落したことで1.3552
まで反落したものの、結局NYダウが143ドル高で引けたことで1.3590台まで値を戻す展開。
ユーロ円も104.36から104.93まで上昇後、103.90まで下落したものの、104.39まで値を戻
す展開。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/09/29主要通貨レンジ・ピボット



[2011/09/30 06:16] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比+143.08ドルで大引け 

 NYダウは前日比+143.08ドルの11153.98ドルで大引け。NASDAQは前日比-10.82pの
2480.76p、S&P 500は前日比+9.34pの1160.40pで取引終了。

USDJPY:76.794-807
EURUSD:1.35882-893
EURJPY:104.350-371



[2011/09/30 05:10] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウプラス圏回復でユーロドルは売り一服 

 ユーロドルは1.3552処まで下落したものの、一時マイナス圏に転落したNYダウが
プラス圏を回復したこともあって、売り一服。

USDJPY:76.787-800
EURUSD:1.35718-728
EURJPY:104.218-237

NYダウ:11071.11 +60.21
米10年債:1.96%



[2011/09/30 04:38] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、一部報道を受け軟調推移 

 お早うございます。10月3日に開催されるユーロ圏財務相会合では欧州金融安定ファシリティー
のレバレッジ活用が決定される可能性は低いと一部通信社が報じたことを受けて、ユーロドルは
軟調推移となり、1.3553処まで下落。

USDJPY:76.698-709
EURUSD:1.35633-642
EURJPY:104.031-051

NYダウ:11025.32 +14.42
米10年債:1.96%



[2011/09/30 03:59] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標は予想より強い結果だが・・ 

 米経済指標は総じて予想より強い結果となったものの、思ったほどマーケットは反応せず。
リスク・オンの動きにユーロが再び強含むのかと思ったけど、ユーロドルは1.3649まで反発
するにとどまり、早くも失速気味。ユーロ円も104.76まで反発も上げ渋り。ドル円は76.77まで
反発も本日の高値更新はならず。



[2011/09/29 21:41] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/09/29 

第2四半期GDP(前期比年率/確報値):1.3%(予想:1.2%)
第2四半期個人消費(確報値):0.7%(予想:0.4%)
第2四半期GDP価格指数(確報値):2.5%(予想:2.4%)
第2四半期コアPCE(確報値):2.3%(予想:2.2%)
新規失業保険申請件数:39.1万件(予想:42.0万件)


[2011/09/29 21:30] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(9/29) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きで、且つ、先行
させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯し、21時間
移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ドルは堅調推移が予想
されます。

COP=76.85
OP=76.99
XOP=77.21

となり、この目標値は76.55を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは76.41割れ。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。Stochasticsが売りサインを点灯しており、
上げ渋る可能性はあるものの、MACDが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陰線なが
ら、これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3672(達成済)
OP=1.3717
XOP=1.3789

となり、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのトレン
ド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.3600割れ。



[2011/09/29 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロ続伸後、伸び悩み 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場はユーロが続伸。強い独雇用指標を受けた
買いや、アジア系ソブリンネームからの買いユーロドルは、1.3679、ユーロ円は104.70
まで上値を拡大。しかし、買いが一巡すると、短期筋の利食い売りにユーロドルは1.3632、
ユーロ円は104.31まで反落し、伸び悩み。



[2011/09/29 18:30] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)