夏休みを取っている間、ユーロドルはトレンドレスな展開継続 

 超久しぶりの夏休みも今日で最後。私が夏休みを取っている間、ユーロドルは、トレンドレス
な展開が続いているようで、基本的にトレンド・フォローでポジションテイクする私にとっては
いい時期に夏休みを取ったのかも知れません。多分、夏休みを取らずにディールしてても、
大した収益は上がらなっただろうし、下手をすれば、収益を減らしていた可能性も。
 月が替われば、上でも下でもどっちでもいいから、ユーロドルにトレンドが出ることを期待
したい。何となく、最近のレンジを下に抜けるような気がするけど、どうなりますやら・・・。



[2011/08/31 23:05] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/30の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:07現在

USDJPY:76.727-742
EURUSD:1.44352-366
EURJPY:110.756-775

と前日のNY Closeとほぼ同水準で推移中。強いて言えば、若干ユーロ安水準。本日の
東京市場は、FOMC議事録を受け、QE3期待ががやや強まっており、ドルは上値の重い
展開になるのではとの声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110831am



[2011/08/31 08:10] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(8/31) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯しており、
反発の可能性はあるものの、21時間移動平均足が陰線でレジスタンスとなっており、1時
間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=76.33
OP=75.87
XOP=75.13

で変わらず、この目標値は77.24を上回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時
間足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは77.70超え。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に下向きで、
且つ、先行させた基準線を下回っています。MACDが買いサインを点灯しており、反発の可
能性はあるものの、Stochasticsが売りサインを点灯し、21時間移動平均足が陰線でレジ
スタンスとなっており、1時間足ベースでは、ユーロは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4374
OP=1.4317
XOP=1.4226

となり、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのトレン
ド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.4466超え。



[2011/08/31 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/08/31 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110831



[2011/08/31 06:24] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/30主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 お早うございます。昨日午前のロンドン市場は、ECBがインフレ抑制策を後退させると
の懸念の高まりを受け、ユーロ売りが先行。ユーロドルは、1.4507から1.4385まで下落し、
ユーロ円も111.25から110.44まで下落。一方、ドル円は、76.66から76.88まで小じっかり。
 NY市場に入り、ドル円は、低調な米8月消費者信頼感指数、エバンズ・シカゴ連銀総裁
が追加緩和の支持を表明したこと、FOMC議事録で連銀が実質的な緩和策の選択肢を協議し
たことでQE3への期待が広がり、米債利回りが低下したことなどを受け、76.82から76.61
まで弱含み。ユーロドルは、低調な米8月消費者信頼感指数や米QE3導入への思惑を受け、
1.4399から1.4465まで反発し、ユーロ円も110.51から110.91まで反発。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/08/30主要通貨レンジ・ピボット



[2011/08/31 06:23] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/29の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:06現在

USDJPY:76.929-943
EURUSD:1.45203-211
EURJPY:111.708-731

と前日のNY Closeに比べ、円安・ユーロ高水準で推移中。本日の東京市場は、前回の民主党
代表選挙の翌日に本邦通貨当局が介入を実施したことから、今回も介入があるのではとの声が
一部市場参加者から聞かれている模様。個人的にはないんじゃないかって気はするけど。取り敢えず、
介入警戒感から円売りが先行する展開か。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110830am



[2011/08/30 08:11] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(8/30) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。MACDが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で
サポートとなっており、反発の可能性はあるものの、Stochasticsが売りサインを点灯し
ており、1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=76.33
OP=75.87
XOP=75.13

で変わらず、この目標値は77.24を上回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時
間足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは77.70超え。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。MACDが売りサインを点灯しており、下押しが
入る可能性はあるものの、Stochasticsが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線
でサポートとなっており、1時間足ベースでは、ユーロは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4544(達成済)
OP=1.4610
XOP=1.4718

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4490割れ。



[2011/08/30 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/08/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110830



[2011/08/30 06:23] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 お早うございます。昨日午前の欧州市場は、ロンドン市場がサマー・バンク・ホリデー
で休場のため、閑散商状の中目立った動意のない中、ユーロの上値が重い展開に。ユーロ
ドルは、1.4546から1.4488まで反落し、ユーロ円は111.56から111.08まで弱含み。ドル円
は、76.71から76.58まで小緩む展開。
 NY市場に入り、ドル円は、予想を上回った米7月個人消費支出や2大ギリシャ銀の合併を
好感した株高に連れた円売りが優勢となり、76.63から77.02まで上昇。ユーロドルは、2
大ギリシャ銀の合併を好感し、1.4485から1.4547まで上昇するも、東京市場の高値の更新
はならず、伸び悩み。ユーロ円は、111.04から111.93まで上昇したものの、その後はドル
円やユーロドルの伸び悩みを受け、111.45付近まで押し戻される展開に。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/08/29主要通貨レンジ・ピボット



[2011/08/30 06:22] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/26の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:05現在

USDJPY:76.740-756
EURUSD:1.44899-914
EURJPY:111.202-227

と前週末のNY Closeに比べ若干ドル高水準で推移中。本日の東京市場は、先週末の
バーナンキFRB議長の講演内容が消化不良気味で大きくは動けないって感じながら、
ドル円に関して言えば、上値の重い展開に変わりはないのではとの声が市場参加者から
聞かれている模様。

 それでは、先週末の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110829am



[2011/08/29 08:09] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

依然として動意薄小動き 

7:19現在

USDJPY:76.712-735
EURUSD:1.44907-927
EURJPY:111.175-210

と前週末のNY Closeとほぼ同水準で推移中。依然として動意薄小動き。



[2011/08/29 07:21] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

依然として動意薄 

6:09現在

USDJPY:76.692-709
EURUSD:1.45025-045
EURJPY:111.196-237

と前週末のNY Closeに比べ若干ユーロ高気味で推移しているものの、全般的に
動意薄で小動き。ここまでのSAXOのレンジは、ドル円:76.655-900、ユーロドル:
1.44894-5026、ユーロ円:111.099-363。



[2011/08/29 06:11] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

動意薄で小動き 

5:18現在

USDJPY:76.769-789
EURUSD:1.44945-965
EURJPY:111.255-310

と前週末のNY Closeとほぼ同水準で推移中。強いて言えば、やや円安気味かなぁ
って程度で、動意薄小動き。ここまでのSAXOのレンジは、ドル円:76.701-900、
ユーロドル:1.44894-981、ユーロ円:111.169-363。



[2011/08/29 05:20] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/08/29 

 先週末の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという
保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110829



[2011/08/29 05:05] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

平穏なスタートの中若干ドル高・円安気味 

4:16現在

USDJPY:76.781-819
EURUSD:1.44975-002
EURJPY:111.357-414

と前週末のNY Closeに比べ若干ドル高・円安水準で推移中。ここまでのSAXOのレンジは
ドル円:76.701-900、ユーロドル:1.44894-975、ユーロ円:111.169-363。



[2011/08/29 04:17] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

週明けの状況2011/08/29 

4:00現在

USDJPY:76.557-789
EURUSD:1.44884-995
EURJPY:110.979-277

と前週末のNY Closeに比べややユーロ安水準でオープン。







[2011/08/29 04:02] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル・・1時間足篇20110828 

 8/26 NY Close時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯
し、21時間移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロは堅
調推移が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4544
OP=1.4610
XOP=1.4718

となり、この目標値は1.4394を下回るかトレンド転換するまで有効。8/26 NY Close時点
での1時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4328割れ。

eurusd hourly 201108270600 eurusd hourly heikinashima 201108270600 eurusd hourly macd&stochastics 201108270600



[2011/08/28 22:35] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・・1時間足篇20110828 

 8/26 NY Close時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且
つ、先行させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯し
ており、反発の可能性はあるものの、21時間移動平均足が陰線で、これを下回っており、
1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=76.33
OP=75.87
XOP=75.13

となり、この目標値は77.24を上回るかトレンド転換するまで有効。8/26 NY Close時点で
の1時間足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは77.70超え。

usdjpy hourly 201108270600 usdjpy hourly heikinashima 201108270600 usdjpy hourly macd&stochastics 201108270600



[2011/08/28 20:21] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル・・日足篇20110828 

 8/26 NY Close時点の日足を見るとユーロドルは、トレンドは上向きであるものの、ス
イングが下向きとなっており、引き続き方向が一致していません。

 一方、一目均衡表では、遅行線>同じ時間軸の日足、転換線>基準線、日足>雲の上限
と“三役揃い踏み”の強気サインを維持しています。

 Stochasticsが売りサインを点灯しており、下押しが入る可能性はあるものの、MACDが
買いサインを点灯し、目先の方向を示すピボットの5日EMAが上向きで、これをNY Closeで
上回っていること、上向きで推移するピボットの21日EMAをNY Closeで上回っていること
やスイング・チャート、一目均衡表の状況を併せて判断すると、下値は堅いと考えますが、
目標値が失効して以降新たなサインを点灯しておらず、1.4537を上回るかトレンド転換す
るまで様子見すのが妥当な選択であると考えます。8/26時点での日足ベースのトレンド転
換&売りサイン点灯となるポイントは1.4055割れ。

ユーロドル日足20110826 ユーロドル日足ピボット乖離20110826 ユーロドル日足MACD&Stochastics20110826



[2011/08/28 18:31] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・・日足篇20110828 

 8/26 NY Close時点の日足を見るとドル円は、トレンドは下向きであるものの、スイン
グが上向きとなっており、方向が一致していません。

 一方、一目均衡表では、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線、日足<雲の下限
と“三役逆転”の弱気サインを維持しています。

 MACDが買いサインを点灯し、もう一段の反発の可能性はあるものの、Stochasticsが売
りサインを点灯し、目先の方向を示すピボットの5日EMAが下向きで、これをNY Closeで下
回っていること、下向きで推移するピボットの21日EMAをNY Closeで下回っていることや
スイング・チャート、一目均衡表の状況を併せて判断すると、引き続き戻り売りスタンス
で臨むのが妥当な選択であると考えます。

8/29-9/2週の目標値は

COP=77.73(達成済)
OP=76.57(達成済)
XOP=74.69

で変わらず、この目標値は80.33を上回るかトレンド転換するまで有効。8/26時点での日
足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.49超え。

ドル円日足20110826 ドル円日足ピボット乖離20110826 ドル円日足MACD&Stochastics20110826



[2011/08/28 16:45] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル・・週足篇20110828 

 8/26 NY Close時点の週足を見るとユーロドルは、トレンドは下向きであるものの、ス
イングが上向きとなっており、引き続き方向が一致していません。

 一方、一目均衡表では、遅行線>同じ時間軸の週足、転換線>基準線、週足>雲の上限
と“三役揃い踏み”の強気サインを維持しています。

 MACDが売りサインを維持しているものの、21週移動平均足が陽線でサポートとなってい
ることやスイング・チャート、一目均衡表の状況を併せて判断すると、下値は堅い一方で
上値も重く、レンジ内での揉み合いが予想され、目標値が失効して以降、依然として新た
なサインを点灯しておらず、1.3838を下回るかトレンド転換するまで様子見するのが妥当
な選択であると考えます。8/26時点での週足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯とな
るポイントは1.4696超え。

ユーロドル週足20110826 ユーロドル週足移動平均足20110826 ユーロドル週足MACD20110826



[2011/08/28 14:27] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・・週足篇20110828 

 8/26 NY Close時点の週足を見るとドル円は、引き続きトレンド・スイング共に下向き
となっています。

 一目均衡表でも、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線、週足<雲の下限と“三
役逆転”の弱気サインを維持しています。

 MACDが売りサインを維持し、21週移動平均足が陰線で、これを下回っていることやスイ
ング・チャート、一目均衡表の状況を併せて判断すると、戻り売りスタンスで臨むのが妥
当な選択であると考えます。

8/29-9/2週の目標値は

COP=73.6
OP=70.03
XOP=64.11

で変わらず、この目標値は81.87を上回るかトレンド転換するまで有効。8/26時点での週
足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは85.53超え。

ドル円週足20110826 ドル円週足移動平均足20110826 ドル円週足MACD20110826



[2011/08/28 12:37] テクニカル分析 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/26主要通貨日足レンジと11/08/29のテクニカルポイント 

 お早うございます。昨日午前のロンドン市場は、バーナンキFRB議長の講演を控え、ポ
ジション調整主体の動きに。ドル円は、77.06から76.66まで弱含み。ユーロドルは、1.44
52まで上昇後、欧州株式市場の下落を嫌気した売りに1.4409まで反落。ユーロ円は、111.
25から110.50まで下落。
 NY市場に入り、ドル円は、バーナンキ米FRB議長が追加緩和を示唆するとの思惑に76.50
まで下落後、議長が新たな具体的な手段について言及しなかったことからショートカバー
が優勢となり、77.07まで反発し、76.69で越週。ユーロドルは、1.4328まで下落後1.4502
まで反発し、1.4499で越週。ユーロ円は、110.11まで下落後111.20まで反発し、111.19で
越週。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと週明けのピボットポイントをアップしておきま
すので、週末の分析にお役立て下さい。

11/08/26主要通貨レンジ・ピボット



[2011/08/27 08:04] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/25の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:00現在

USDJPY:77.441-451
EURUSD:1.43716-727
EURJPY:111.300-328

と前日のNY Closeとほぼ同水準で推移中。強いて言えば、若干ユーロ安気味かなって
程度。本日の東京市場は、ジャックソン・ホールでのバーナンキFRB議長の講演を控え、
全般的に様子見気分が強く、小動きが予想されるものの、ドル円に関しては、12日続いた
76円台での引けから77円台の引けへと大台が変わったことから、もう一段の反発の可能性
があるのではとの声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110826am



[2011/08/26 08:01] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(8/26) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンドは上向きであるものの、スイングが下
向きとなっており、方向が一致していません。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点
灯しており、もう一段の下押しが入る可能性はあるものの、先行させた基準線を上回り、
21時間移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ドルは底堅く推
移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=77.30(達成済)
OP=77.53(達成済)
XOP=77.90

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&売りサイン点灯となるポイントは76.84割れ。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に下向きで、
且つ、先行させた基準線を下回っています。Stochasticsが買いサインを点灯しており、
下げ渋る可能性はあるものの、MACDが売りサインを点灯し、21時間移動平均足が陰線で、
これを下回っており、1時間足ベースでは、ユーロは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4297
OP=1.4241
XOP=1.4150

となり、この目標値は1.4419を上回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.4475超え。



[2011/08/26 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/08/26 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110826



[2011/08/26 06:21] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/25主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 お早うございます。昨日午前のロンドン市場は、ユーロ買いが先行。ユーロドルは、フ
ロー主体で買いが先行し、1.4475まで上昇したものの、上値ではセミオフィシャルの売り
が出た模様で1.4407まで反落。ユーロ円は111.13から111.63まで上昇したものの、ユーロ
ドルの反落を受け、伸び悩み。ドル円は76.98から77.28まで小じっかり。
 NY市場に入り、ドル円は、ジャクソンホールでのバーナンキ米FRB議長の講演を控えた
ショートカバーが優勢で、ストップを巻き込み77.05から77.70まで上昇。ユーロドルは、
ドイツの格下げの噂やドイツが空売り禁止措置を拡大・延長するとの噂が広がり1.4458か
ら1.4328まで急反落するも、格付け会社各社が独のトリプルAの格付けを確認したことや
ドイツ財務省が空売り禁止措置に関する噂を否定したことで1.4388まで反発。ユーロ円は、
110.87まで反落したものの、ドル円が上昇したこともあって111.64まで反発。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/08/25主要通貨レンジ・ピボット



[2011/08/26 06:20] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/08/24の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:01現在

USDJPY:77.047-064
EURUSD:1.44084-096
EURJPY:111.016-040

と前日のNY Closeに比べ、若干ドル高・円安水準で推移中。本日の東京市場は、QE3
期待の後退を受け、ややドル買いが優勢になるのではとの声が市場参加者から聞かれて
いる模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110825am



[2011/08/25 08:05] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(8/25) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きで、且つ、先行
させた基準線を上回っています。Stochasticsが売りサインを点灯しており、上げ渋る可
能性はあるものの、MACDが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で、これを上回
っており、1時間足ベースでは、ドルは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=77.30
OP=77.53
XOP=77.90

となり、この目標値は76.70を下回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足
ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは76.47割れ。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンドは上向きであるものの、ス
イングが下向きとなっており、方向が一致していません。MACD・Stochasticsが共に売り
サインを点灯し、先行させた基準線を下回り、21時間移動平均足が陰線でレジスタンスと
なっており、1時間足ベースでは、ユーロは、トレンドが上向きにも拘わらず、上値の重
い展開が予想されます。1.4378⇒1.4482の61.8%押しの水準を下回る下押しが入ったため、
目標値算出の基準を満たさず、トレンド転換するまで様子見。8:00時点での1時間足ベー
スのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4389割れ。



[2011/08/25 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/08/25 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110825



[2011/08/25 06:32] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)