再びユーロ買いが優勢に 

 再びユーロ買いが優勢となっており、ユーロ円は117.02まで上昇し、ユーロスイスは
1.2244まで上昇。ユーロポンドも0.9049まで反発。これを受け、ユーロドルも1.4494まで
反発。ユーロドル1時間足は、スイングが再び上向きに転換し、トレンドの方向に一致。
但し、トレンド転換&売りサイン点灯となるポイントが1.4447割れまで上昇しているので、
トレンド転換に対する警戒は必要。



[2011/06/30 23:31] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ギリシャ議会、緊縮財政実行法案可決の報にもユーロドルの上値は重い 

 ギリシャ議会、緊縮財政実行法案を可決との報に、ユーロドルは1.4491まで反発も、
上値は重く1.4470台に押し戻される展開。暫く1.44台半ばから後半での揉み合いか。

USDJPY:80.781-792
EURUSD:1.44808-824
EURJPY:116.982-001

NYダウ:12388.94 +127.52
米10年債:3.15%



[2011/06/30 23:23] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.4448まで下落後1.4487まで反発も上値は重い 

 ユーロドルは1.4448まで下落後1.4487まで反発したものの、上値は重い。ギリシャの
緊縮財政5カ年計画の付帯法案の採決が始まっており、ポジション調整の売り圧力が
強い模様。

USDJPY:80.390-399
EURUSD:1.44718-731
EURJPY:116.346-361



[2011/06/30 22:21] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/06/30 

新規失業保険申請件数:42.8万件(予想:42.0万件)



[2011/06/30 21:31] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(6/30) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯しており、
反発の可能性はあるものの、21時間移動平均足が陰線で、これを下回っており、1時間足
ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=80.39(達成済)
OP=80.12
XOP=79.68

で変わらず、この目標値は81.00を上回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1
時間足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.27超え。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンドは上向きであるものの、ス
イングが下向きとなっており、方向が一致していません。MACD・Stochasticsが共に売り
サインを点灯しており、もう一段の下押しが入る可能性があるものの、先行させた基準線
を上回り、21時間移動平均足が陽線でサポートとなっており、1時間足ベーでは、ユーロ
は底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4435(達成済)
OP=1.4496(達成済)
XOP=1.4595

で変わらず、この目標値は1.4298を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1
時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4237割れ。



[2011/06/30 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.4464まで反落も独銀草案合意報道で下げ止まり 

 ユーロドルは、1.4464まで反落したものの、独銀と政府がギリシャ債プラン草案で合意
との報道を受け、下げ止まり1.4490まで反発。しかし、戻り売りに上値を抑えられ、1.4470
割れの水準まで押し戻される展開。

USDJPY:80.412-422
EURUSD:1.44721-733
EURJPY:116.374-390



[2011/06/30 19:15] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロ売りがやや優勢 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場は、ややユーロ売りが優勢。6月のユーロ圏・
CPIが予想を下回ったことで、利食い売りが優勢の模様で、ユーロドルは1.4497から
1.4466まで弱含み、ユーロ円も116.56から116.30まで弱含み。ドル円は、80.42から
80.35まで上値の重い展開。

USDJPY:80.380-392
EURUSD:1.44676-687
EURJPY:116.298-312



[2011/06/30 18:23] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロ買い一服で小反落するも、トリシェECB総裁発言でユーロドルは高値を更新=午後の東京市場(6/30) 

 本日午後の東京市場は、午前からのユーロ買いも一服。ユーロドルは1.4481まで
小反落したものの、トリシェECB総裁が欧州会議で「インフレリスクは上向き」「インフレ
率は今後数カ月で明確に2%以上にとどまる可能性」「ECBは強い警戒の状態にある」
と発言したことが報じられると1.4522まで上値を拡大し、本日の高値を更新。ユーロ
円も116.46まで小緩んだ後116.68まで値を戻す展開。ドル円は80.31まで下落。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20110630pm



[2011/06/30 17:02] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、下値堅く、再び1.45台乗せ 

 ユーロドルは、短期筋の利食いと思しき売りに1.4381処まで下押しが入ったものの、
利食い以外に売りは出ない模様で、早くも1.45台を回復。1時間足を見ても、ユーロの
上昇に違和感はないけど、調子に乗ると梯子を外される可能性もあるので、1.45台は
買いたくないなぁ・・・。



[2011/06/30 16:07] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、上げ一服で1.45の大台を割り込む 

 ユーロドルは、1.4519の高値を示現後も高値圏での推移となっていましたが、5月の
独小売売上高が予想を下回ったことも影響しているのか、短期筋の利食い売りがやや
優勢となっている模様で、1.45の大台を割り込み、1.4491まで小反落。

USDJPY:80.424-432
EURUSD:1.44948-958
EURJPY:116.578-586



[2011/06/30 15:10] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円1時間足、COP=80.39を達成 

 対ユーロでのドル売りが主導する形で、ドルは全面安となる中、ドル円は、1時間足の
目標値COP=80.39を達成し、80.33まで下値を拡大。



[2011/06/30 13:53] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは高値圏での推移 

 ユーロドルは1.4519まで上値を拡大後上げ一服となっているものの、押し目がほとんど
なく、高値圏での推移。1時間足では、トレンド・スイング共に上向きを維持し、一目均衡表
でも、“三役揃い踏み”の強気サインを維持しており、押し目買い地合いに変わなし。もっとも、
今の調子じゃ、買ってもいいと思うレベルまで下押しが入るって言うのは無いものねだりって
気がするけど。



[2011/06/30 13:47] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル売り優勢でユーロドルは1.45台乗せ=午前の東京市場(6/30) 

 本日午前の東京市場は、ギリシャ議会が緊縮財政5カ年計画を可決したことで、市場の
関心が米連邦債務上限引き上げ問題に移り、協議の難航が伝えられる中、米デフォルト
懸念の広まりを受けドル売りが優勢に。ユーロドルは1.4429からオプション・トリガーを
ヒットするとストップを巻き込みながら1.4505まで上昇。ドル円は、80.87から80.40まで
下落。ユーロ円は、116.97から116.48まで下落後、116.83まで反発し、方向感に欠ける
展開。

USDJPY:80.430-442
EURUSD:1.45096-109
EURJPY:116.705-724



[2011/06/30 12:05] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、OP=1.4496を達成 

 ギリシャ議会が緊縮財政5カ年計画を可決する一方で、オバマ大統領が「米国が
デフォルトすれば重大な結果を引き起こす可能性がある」「8月2日には支払い手段
が尽きる」などと発言し、米債務上限に関する懸念が広がったことを受け、ユーロ
買いが強まり、ユーロドルは1時間足の目標値OP=1.4496を達成し1.4505まで
上値を拡大。



[2011/06/30 11:46] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

円買い優勢で、ドル円は80.53まで下落 

 ここまでの東京市場は円買いが優勢。ドル円は、本邦輸出企業から散発的に
円買いが入ったことや米連邦債務上限引き上げ協議の難航を受けたドル売りに
80.87から80.53まで上値の重い展開。ユーロ円も116.97から116.49まで弱含み。
ユーロドルは、1.4450のオプション・トリガーをヒットし1.4429から1.4486まで上昇後は
上げ渋り。

USDJPY:80.566-573
EURUSD:1.44639-650
EURJPY:116.531-548



[2011/06/30 10:31] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/06/29の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:12現在

USDJPY:80.710-723
EURUSD:1.44721-734
EURJPY:116.808-828

と前日のNY Closeに比べドル安・ユーロ高水準で推移中。本日の東京市場は、ギリシャの
緊縮財政5カ年計画が可決されたことで、市場の関心が米連邦債務上限引き上げに移り、
米デフォルト懸念からドルは上値の重い展開になるのではとの声が市場参加者から聞かれて
いる模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110630am



[2011/06/30 08:16] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(6/30) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯し、21時間
移動平均足が陰線で、これを下回っており、1時間足ベースでは、ドルは軟調推移が予想
されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=80.39
OP=80.12
XOP=79.68

となり、この目標値は81.00を上回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足
ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.27超え。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯
し、21時間移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロは堅
調推移が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4435(達成済)
OP=1.4496
XOP=1.4595

で変わらず、この目標値は1.4298を下回るかトレンド転換するまで有効。8:00時点での1
時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4237割れ。



[2011/06/30 08:01] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、日足ではダブル・ボトム完成っぽい 

 ユーロドルは、ギリシャ議会において緊縮財政5カ年計画が可決されたこともあって、
1.4449まで上昇。日足では、1.4442を上回ったことで1.4073と1.4102でダブルボトム
を完成。ただ、1.4450にあるオプション・プロテクトの売りに伸び悩んでおり、このダブル・
ボトムも騙しに終わる可能性も。理論上は1.4811処まで上昇しても不思議ではありませんが、
どうなりますやら。取り敢えず、1.4450を上抜けできるかどうかに注目。



[2011/06/30 07:15] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/06/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110630



[2011/06/30 06:27] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/06/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日午前のロンドン市場は、ギリシャ緊縮財政5カ年計
画が可決されるとの見方が強まっていることで、リスク回避の動きが後退し、円売りが優
勢に。ドル円は81.19、ユーロ円は117.17まで上昇。また、ユーロドルは1.4449まで上昇。
 NY市場に入り、ドル円は、対ユーロでのドル売りの影響で81.08から80.56まで下落。
ユーロドルは、ギリシャ政権与党の副党首が緊縮財政5ヵ年計画に反対票を投じたとの報
道に1.4320まで下落したものの、その後市場の期待どおり議会が計画を承認したことを好
感した買いが再燃し1.4444まで上昇し、ユーロ円は116.97から115.91まで下落後、116.74
まで反発。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/06/29主要通貨レンジ・ピボット



[2011/06/30 06:26] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比+72.73ドルで大引け 

 NYダウは前日比+72.73ドルの12261.42ドルで大引け。NASDAQは前日比+11.18pの
2740.49p、S&Pは前日比+10.74pの1307.41pで取引終了。

USDJPY:80.765-776
EURUSD:1.44332-346
EURJPY:116.577-591



[2011/06/30 05:11] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは1.44台回復もオプション・プロテクトの売りに伸び悩み 

 お早うございます。ユーロドルは、ギリシャ議会で緊縮財政5カ年計画可決の目処が
たった後、材料出尽くし感から利食い売りに押され、1.4346まで反落したものの、NY
ダウの上昇を受け1.44台を回復。しかし、1.4450のオプション・プロテクトの売りに上値を
阻まれ伸び悩み。

USDJPY:80.898-908
EURUSD:1.44217-230
EURJPY:116.673-691

NYダウ:12254.99 +66.30
米10年債:3.11%



[2011/06/30 04:14] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

緊縮財政5カ年計画可決に必要な賛成票を確保と報じられてるけど・・ 

 ギリシャ議会、緊縮財政5カ年計画可決に十分な賛成票を確保と報じられているけど、
ユーロドルは上値の重い展開。可決された後は、材料出尽くしで利食い売りが優勢に
なるのか?



[2011/06/29 22:11] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

与党副党首が反対票を投じたらしい 

 さっきのユーロの急落は与党の副党首が反対票を投じたことが原因らしい。どこまで
付いたか、現時点では不明。一説にはユーロドルは1.4320が出合ったとか。その後
1.4440台まで反発し、また1.44を割り込むなど慌ただしい値動き。



[2011/06/29 22:07] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、一時1.4330付近に急落 

 ギリシャ議会で緊縮財政5カ年計画の採決が開始されたことを受けて、ユーロドルは
一時1.4330付近まで急落。しかし、すぐに値を戻し1.44台を回復。

追伸:採決の途中経過が賛成:21、反対26となったことに反応して、売り仕掛けが入った
らしい。



[2011/06/29 21:56] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、オプションプロテクトの売りに伸び悩み 

 ユーロドルは1.4449まで上昇したものの、1.4450のオプション・プロテクトの売りに
伸び悩み、1.4411処まで小反落。

USDJPY:81.048-058
EURUSD:1.44207-221
EURJPY:116.883-899



[2011/06/29 21:20] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、COP=1.4435を達成 

 ギリシャ野党議員が緊縮財政案支持を表明したことを受け、ユーロドルは、1時間足の
目標値COP=1.4435を達成し、1.4448まで上値を拡大。



[2011/06/29 20:11] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(6/29) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きで、且つ、先行
させた基準線を上回っています。MACDが売りサインを点灯しており、下押しが入る可能性
はあるものの、Stochasticsが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で、これを
上回っており、1時間足ベースでは、ドルが底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=81.39
OP=81.62
XOP=82.00

で変わらず、この目標値は80.89を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1
時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは80.66割れ。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。Stochasticsが売りサインを点灯しており、
上げ渋る可能性はあるものの、MACDが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で、
これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4435
OP=1.4496
XOP=1.4595

で変わらず、この目標値は1.4298を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1
時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4237割れ。



[2011/06/29 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

円売り優勢で、ドル円・ユーロ円は本日の高値を更新 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場は、ギリシャ緊縮財政5カ年計画が可決される
との見方が強まっていることで、リスク回避の動きが後退し、円売りが優勢に。ドル円は
81.17、ユーロ円は116.84まで上昇し、共に本日の高値を更新。ユーロドルは、短期筋の
利食い売りに1.4379まで小反落。

USDJPY:81.154-164
EURUSD:1.43898-909
EURJPY:116.783-797



[2011/06/29 18:27] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロ堅調推移=午後の東京市場(6/29) 

 本日午後の東京市場は、本日のギリシャ議会での緊縮財政5ヵ年計画の採決で、
反対を表明していた与党幹部が賛成を表明したことを受け、可決への期待が高まり、
ユーロは堅調推移。ユーロドルは、1.4418まで上昇し、ユーロ円も116.81まで上昇。
ドル円は80.99-1.08のレンジで揉み合い。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20110629pm



[2011/06/29 17:09] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)