軒並み弱い結果となった米経済指標を受けリスク回避? 

 一連の予想を下回る米経済指標を受け、リスク回避の動きが優勢となっているのか、
円のショートカバーが強まっており、ドル円は81.27処まで反落し、ユーロ円も117.00処
まで反落。ユーロドルは1.4423の上抜けに失敗し、1.4389処まで反落。

USDJPY:81.288-297
EURUSD:1.43993-005
EURJPY:117.055-068



[2011/05/31 23:10] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/05/31 Part3 

5月消費者信頼感指数:60.8(予想:66.5)



[2011/05/31 23:00] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/05/31 Part2 

5月シカゴ購買部協会景気指数:56.6(予想:62.0)



[2011/05/31 22:45] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/05/31 

3月S&P/ケースシラー住宅価格:-0.23%(予想:-0.24%)
3月S&P/ケースシラー住宅価格(前年比):-3.61%(予想:-3.40%)



[2011/05/31 22:00] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、反落もまたもや雲の上限でサポートされる 

 ユーロドルは、短期筋の利食い売りに1.4423の高値から1.4377処まで反落も、
日足一目均衡表の雲の上限がサポートとなり、下げ止まる。

USDJPY:81.542-553
EURUSD:1.43927-941
EURJPY:117.369-384



[2011/05/31 21:27] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(5/31) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンドは上向きであるものの、スイングが下
向きとなっており、方向が一致していません。Stochasticsが売りサインを点灯しており、
上げ渋る可能性はあるものの、MACDが買いサインを点灯し、先行させた基準線を上回り、
21時間移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ドルは底堅く推
移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=82.02
OP=82.43
XOP=83.09

となり、この目標値は81.11を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは80.70割れ。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。Stochasticsが売りサインを点灯しており、
上げ渋る可能性はあるものの、MACDが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で、
これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4329(達成済)
OP=1.4410(達成済)
XOP=1.4541

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4366割れ。



[2011/05/31 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル続伸 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場は、ユーロドルが続伸。独政府によるギリシャ
支援検討報道や独連銀の対ポンドでのユーロ買い需要への思惑で、1.4400から1.4423
まで上値を拡大。

USDJPY:81.584-595
EURUSD:1.44055-064
EURJPY:117.529-543



[2011/05/31 19:11] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

円全面安=午後の東京市場(5/31) 

 本日午後の東京市場は、ムーディーズが日本のソブリン格付けに続き、邦銀の格付け
も引き下げ方向で見直すと表明したことを受け、円が全面安。ドル円は81.77まで上昇し、
ユーロ円も117.80まで上値を拡大。一方、ユーロドルは国際機関からと噂される売りに、
1.4267処まで下押しが入ったものの、ロンドン勢の参入に伴い再び買いが強まり1.4415
まで上昇。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20110531pm



[2011/05/31 17:08] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロンドン勢参入で再びユーロ買い優勢 

 ユーロドルは、国際機関と噂される売りに1.4367処まで下押しが入ったものの、
ロンドン勢が参入して来ると再び買いが強まり、1.4413まで上値を拡大。日足の
一目均衡表の雲の上限(本日は1.4373に位置)がサポートになった感あり。

USDJPY:81.757-769
EURUSD:1.44044-052
EURJPY:117.768-783



[2011/05/31 16:41] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、1時間足の雲の上限上抜け 

 ドル円1時間足は、雲の上限やピボットの200時間EMAを上抜け、81.51まで上値を
拡大。この後のロンパチに向けもう一段の上値トライか。

USDJPY:81.458-470
EURUSD:1.43810-821
EURJPY:117.153-170



[2011/05/31 15:11] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ムーディーズ、今度は邦銀の格付け引き下げ方向で見直し表明 

 ムーディーズが今度は邦銀の格付けを引き下げ方向で見直すと表明したことを受け、
再びドル円は買いが優勢気味。今のところ、1時間足でピボットの200時間EMAや雲の
上限が一応レジスタンスとなっているものの、下値は堅く、これらとの攻防に注目。

USDJPY:81.303-311
EURUSD:1.43818-832
EURJPY:116.931-950



[2011/05/31 14:27] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

円売り一服も、ドル円の下押しは限定的 

 ムーディーズの日本のソブリン格付け引き下げ方向で見直しとの発表を受けた
円売りも一服した模様で、ドル円は81.39まで上昇後は81.14まで下押し。しかし、
押し目買い意欲も強く、下押しは限定的。

USDJPY:81.169-176
EURUSD:1.43778-792
EURJPY:116.702-719



[2011/05/31 13:43] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ムーディーズの日本のソブリン格付け引き下げ方向で見直し発表を受け円全面安=午前の東京市場(5/31) 

 本日午前の東京市場は、ムーディーズが日本のソブリン格付けを引き下げ方向で見直す
と発表したことを受け、円が全面安に。ドル円は、80.77から81.03まで上昇後、一旦80.71
まで下落したものの、ムーディーズの発表を受け81.39まで上昇し、ユーロ円も115.62から
116.97まで上昇。また、ポンド円は134.54、オージー円は87.24まで上昇。ユーロドルは、
WSJ紙の報道を受け、1.4279から1.4406まで堅調推移。

USDJPY:81.155-163
EURUSD:1.43895-911
EURJPY:116.777-799



[2011/05/31 12:10] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ムーディーズの日本のソブリン格付け引き下げ方向で見直し発表でドル円反発 

 ドル円は、80.71まで下落したものの、ムーディーズが日本のソブリン格付けを引き下げ
方向で見直すとの発表を受け、81.09処まで上昇。

USDJPY:81.063-074
EURUSD:1.43848-861
EURJPY:116.610-633



[2011/05/31 11:38] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.4382まで上値を拡大 

 ユーロドルは、WSJ紙報道やMSCIリバランスでのユーロ買いの思惑で買いが強まり、
1.4279から1.4382まで上昇。現在は買いも一服した感があるものの、1.4390や1.4400
にはストップオーダーが観測されている模様で、もう一段の上昇の可能性も。

USDJPY:80.840-852
EURUSD:1.43699-713
EURJPY:116.173-193



[2011/05/31 10:30] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、日足ベースでトレンド転換&買いサイン点灯 

 ユーロドルは、WSJ紙報道を受け、買いが強まり1.4354まで上昇し、日足ベースで
トレンド転換&買いサインを点灯。ただ、日足一目均衡表では、遅行線がまだ同じ時間軸の
日足の下方を推移しており、このトレンド転換&買いサイン点灯が騙しに終わる可能性も
否定できず、上値追いの買いは避けたいところ。

USDJPY:80.823-832
EURUSD:1.43454-469
EURJPY:115.949-969



[2011/05/31 09:24] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/05/30の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:17現在

USDJPY:80.898-910
EURUSD:1.43408-422
EURJPY:116.012-033

と前日の北米市場の終値に比べユーロ高水準で推移中。WSJ紙が「ギリシャに向けた
新しい救済パッケージを構築するため、ドイツは早期のギリシャ国債の債務再編を強要
することを取り下げようと検討している」と報じたことが材料視された模様。本日の東京市場
は、このWSJ紙の報道を受け、ユーロがどこまで値を上げるかを見極めたいとの声が
市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。ってユーロ
は既に上に抜けちゃってるけど・・・。

originalpivot20110531am



[2011/05/31 08:22] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(5/31) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。Stochasticsが売りサインを点灯しており、上値の重い
展開が予想されるものの、MACDが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線で、これ
を上回っており、1時間足ベースでは、ドルは、レンジ内での方向感に乏しい揉み合いが
予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=80.94(達成済)
OP=80.61
XOP=80.07

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.31超え。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯
し、21時間移動平均足が陰線ながら、これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロ
は堅調推移が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4329
OP=1.4410
XOP=1.4541

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4262割れ。



[2011/05/31 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは、日足のトレンド転換のポイントまであと一歩のところまで迫ったものの、伸び悩み 

 昨日のユーロドルは、早朝の薄いオセアニア市場で1.4335まで上昇し、日足の
トレンド転換&買いサイン点灯となるポイントである1.4345に迫ったものの、フォロー
なく、1.4256まで失速。一目均衡表で、日足が雲の中を推移していることから、“三役逆転”
の弱気サインこそ免れているものの、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線と
弱気サインを維持していることも、伸び悩んだ一因か。



[2011/05/31 07:20] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/05/31 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110531



[2011/05/31 06:27] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/05/30主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日の欧米市場は、ロンドン・NYの両市場が休場だった
ため、概ね東京市場のレンジ内での小動きに終始し、特にコメントはありません。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/05/30主要通貨レンジ・ピボット



[2011/05/31 06:26] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

動意薄が続いてますが、ドル円1時間足は何気に遅行線が時間足を上抜け 

 NY市場が休場ってことで、閑散小動きが続いていますが、ドル円1時間足では、
密かに遅行線が時間足を上抜いています。まだ、上方に転換線、基準線が控えており、
ドル円が急騰することはないと思いますが、遅行線の挙動に注意。

USDJPY:80.963-973
EURUSD:1.42776-796
EURJPY:115.599-621



[2011/05/31 05:29] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

狭いレンジでの小動き続く 

 閑散商状の中、狭いレンジでの小動きが継続。多分東京勢が出てくるまでこんな
感じの相場が続くんじゃないかなぁ。

USDJPY:80.932-950
EURUSD:1.42739-755
EURJPY:115.534-564



[2011/05/31 04:30] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

閑散商状の中、ドルが底堅い動き 

 お早うございます。NY市場が休場で、閑散商状の中、ドルが底堅い動き。ドル円は、
80.97まで小じっかり、ユーロドルは1.4262処まで小緩む展開。

USDJPY:80.917-938
EURUSD:1.42719-735
EURJPY:115.494-529



[2011/05/31 03:27] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱ今日は動かないよね 

 ロンドン・NYが休場ってことで、相場の方はやはりと言うべきか、動意薄で小動き。
ってことで、本日はこれにて失礼します。

USDJPY:80.846-858
EURUSD:1.42823-839
EURJPY:115.471-489



[2011/05/30 22:34] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

大して動いている訳じゃないけど、ユーロ再び弱含み 

 ロンドン・NY市場が休場ってことで、大して動いている訳じゃありませんが、ユーロは
再び売りが優勢に。ユーロドルは、1.4270付近まで小反落し、ユーロ円も115.37付近
まで小幅下落。ユーロドルは、このままで行けば23時台に遅行線が時間足を下抜ける
可能性があるので、一応注意が必要か。

USDJPY:80.843-854
EURUSD:1.42789-805
EURJPY:115.443-459



[2011/05/30 21:23] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(5/30) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯しており、
反発の可能性は否定できないものの、21時間移動平均足が陰線でレジスタンスとなってお
り、1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=80.94(達成済)
OP=80.61
XOP=80.07

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.31超え。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。MACDが売りサインを点灯しており、上げ渋る
可能性はあるものの、Stochasticsが買いサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線でサ
ポートとなっており、1時間足ベースでは、ユーロは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4329
OP=1.4410
XOP=1.4541

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4256割れ。



[2011/05/30 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロのショートカバーも一服し一段と動意薄に 

 今晩は。東京市場引け後の欧州市場は、ロンドン・NY市場が休場のため閑散商状の中、
ユーロのショートカバーが先行したものの、それも一巡した感があり、マーケットは一段と
動意薄に。ユーロドルは1.4274から1.4294まで反発後は1.4280-90レベルで揉み合い。
ユーロ円は、115.38から115.56まで反発後は115.40-50レベルで膠着商状。ドル円は、
80.87から80.78まで小緩んだ後は80.80台で膠着。

USDJPY:80.849-860
EURUSD:1.42861-878
EURJPY:115.808-524




[2011/05/30 19:01] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロンドン・NY休場を口実に閑散小動き=午後の東京市場(5/30) 

 本日午後の東京市場は、ロンドン・NYの両市場が休場であることから、閑散小動き。
ドル円は午前のレンジをはみ出すことなく、膠着商状。ユーロはやや売りが優勢となり、
ユーロドルは1.4256、ユーロ円は115.20まで下値を拡大したものの、売りも続かず。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。動かないんじゃ
ないかと思うけど・・・。

originalpivot20110530pm



[2011/05/30 17:06] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロ、売り一服で小反発 

 ユーロ売りも一服した感があり、ユーロドルは1.42836、ユーロ円は115.45まで
小反発。ユーロドルは1時間足で遅行線が時間足に跳ね返される形で反発しており、
取り敢えず急落懸念は後退。

USDJPY:80.824-836
EURUSD:1.42819-833
EURJPY:115.436-454



[2011/05/30 16:05] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)