11/04/29主要通貨日足レンジと11/05/02のテクニカルポイント 

 お早うございます。と言っても、もうすぐお昼ですが。久しぶりにゆっくり寝ました。
足が攣って目が覚めましたが、足が攣ってなかったら、まだ起きてなかったかも(汗)。で
は、相場です。昨日午前の欧州市場は、ロイヤルウエディングでロンドン市場が休場とな
る中、米金融緩和継続見通しや前日発表された低調な米・第1四半期GDP速報値を材料にし
たドル売りが優勢となり、ドル円は81.58から81.14まで下落し、ユーロドルは1.4836から
1.4878まで上昇。ユーロ円は、121.11から120.71まで下落。
 NY市場に入ると、ドル円は、市場予想を下回った米製造業指標や消費者信頼感指数を受
けた売りに81.54から81.05まで下落し、81.20で越週。ユーロドルは、短期筋の利食い売
りやユーロポンド・ユーロスイスの下落の影響で1.4878から1.4805まで下落し、1.4806で
越週。ユーロ円は、ユーロドルやユーロクロスに連れ安となり、120.99から120.06まで下
落し、120.22で越週。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと週明けのピボットポイントをアップしておきま
すので、週末の分析にお役立て下さい。

11/04/29主要通貨レンジ・ピボット



[2011/04/30 11:18] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円は本日の安値を更新、ユーロドルは次第に上値の重い展開に 

 ドル円は再び売りが強まり81.09まで下落し本日の安値を更新。月末のリバランス絡み
の売りがロンドンフィキシングで出たのかも。ユーロドルは、次第に上値の重い展開に。
一旦1.4864付近まで反発したものの、戻り売りに1.4830処まで再び押し戻されており、
1時間足のトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントである1.4804割れに注意。

USDJPY:81.22-23
EURUSD:1.4822-23
EURJPY:120.37-39




[2011/04/30 00:19] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、方向感に欠ける展開 

 ユーロドルは方向感に欠ける展開。欧州市場で1.4832処から1.4879まで上昇した
ものの、NY市場がオープンすると1.4831処まで反落。その後1.4864まで反発すると
いった具合にレンジ内での往来相場。

USDJPY:81.31-32
EURUSD:1.4859-60
EURJPY:120.81-83



[2011/04/29 23:22] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/04/29 Part3 

4月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値):69.8(予想:70.0)



[2011/04/29 22:55] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/04/29 Part2 

4月シカゴ購買部協会景気指数:67.6(予想:68.2)



[2011/04/29 22:45] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、底堅いものの昨日の高値がレジスタンスに 

 ユーロドルは、底堅いものの、昨日の高値1.4882がレジスタンスとして意識されている
のか、1.4880の手前で上げ渋る展開。1時間足では依然としてトレンド・スイング共に上向き
で、一目均衡表でも“三役揃い踏み”の強気サインを維持しており、押し目買い地合いに変わり
はないものの、一応1.4804割れでのトレンド転換には注意が必要か。

USDJPY:81.28-29
EURUSD:1.4859-60
EURJPY:120.77-79



[2011/04/29 21:50] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/04/29 

第1四半期雇用コスト指数:0.6%(予想:0.5%)
3月個人支出:0.6%(予想:0.5%)
3月個人所得:0.5%(予想:0.4%)
3月PCEデフレータ(前年比):1.8%(予想:1.9%)
3月PCEコア・デフレータ:0.1%(予想:0.1%)
3月PCEコア・デフレータ(前年比):0.9%(予想:0.9%)



[2011/04/29 21:30] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(4/29) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯し、21時間
移動平均足が陰線で、これを下回っており、1時間足ベースでは、ドルは軟調推移が予想
されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=81.30(達成済)
OP=80.99
XOP=80.50

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.65超え。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ、先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯
し、21時間移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースでは、ユーロは堅
調推移が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.4850(達成済)
OP=1.4879
XOP=1.4925

となり、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのトレン
ド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4804割れ。



[2011/04/29 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、遅行線が時間足を上抜け1.4868まで上昇 

 今晩は。アジア市場引け後の欧州市場で、4月ユーロ圏消費者物価指数が予想を上回った
ことをきっかけに、ユーロドルは1.4868まで上昇。これで、ユーロドルの1時間足は遅行線が
時間足を上抜け、“三役揃い踏み”の強気サインを点灯。1.49台乗せをトライしに行けるか注目。

USDJPY:81.42-43
EURUSD:1.4865-66
EURJPY:121.02-04



[2011/04/29 18:30] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

閑散商状の中、全般的に動意薄で方向感に欠ける展開=午後のアジア市場(4/29) 

 本日午後のアジア市場は、東京市場が休場であることに加え、ロイヤルウエディングで
ロンドン市場も休場となることから、取引参加者が少なく、閑散商状の中、全般的に動意薄で
方向感に欠ける展開に。ドル円は81.52-62のレンジで横ばい状態。ユーロドルは1.4852まで
上昇し、午前の高値を更新する場面が見られたものの、3月の独小売売上高指数が大幅下振れ
となったことで1.4830まで失速。ユーロ円は120.85から121.09まで反発するも、午前のレンジを
抜け出せず。

 それでは、本日のアジア市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20110429pm



[2011/04/29 17:16] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、トレンド転換&買いサイン点灯だけど相場は走らず 

 ユーロドルは1.4852まで上昇し、1時間足がトレンド転換&買いサイン点灯となった
ものの、相場は走らず、早くも失速気味。依然として遅行線が時間足を下回った状態
にあり、この買いサインは騙しに終わるかも。

USDJPY:81.58-59
EURUSD:1.4835-36
EURJPY:121.01-03



[2011/04/29 16:08] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、午前の高値に面合わせも予想を下回る独小売売上高に失速 

 ロンドン市場がロイヤルウエディングで休場ってことで、欧州勢が参入してくる時間帯
になっても、動意薄の中、ユーロドルは午前の高値に面合わせとなる1.4848まで上昇
するも、3月の独小売売上高指数が大幅に下振れとなったことを受け1.4832まで失速。
ドル円は81.48-65のレンジでの揉み合いに終始し、方向感なし。

USDJPY:81.56-57
EURUSD:1.4835-36
EURJPY:120.97-00



[2011/04/29 15:20] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.4840台を回復も相場は動意付かず 

 ユーロドルは1.4843まで値を戻すも、相場は動意付かず。1時間足では、遅行線が
時間足を下回った状態にあり、遅行線が時間足を上抜けるまでは上値の重い展開が
続きそう。

USDJPY:81.57-58
EURUSD:1.4838-39
EURJPY:121.00-03



[2011/04/29 14:27] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.4830付近での小動き 

 ユーロドルは、1.4848から1.4804まで下落後は1.4830台まで値を戻して揉み合う
展開。東京市場休場で参加者が少なく、動意薄。ただ、1時間足で遅行線が時間足
の下抜けをトライ中で上値は重そう。今日はロンドン市場も休場のため、NYがオープン
するまでは、あまり動意は期待できないかも。

USDJPY:81.57-58
EURUSD:1.4830-32
EURJPY:120.95-98



[2011/04/29 13:17] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京市場休場で、動意薄の中ユーロ売りがやや優勢に=午前のアジア市場(4/29) 

 本日午前のアジア市場は、東京市場が休場で、この後のロンドン市場もロイヤル・
ウエディングで休場ってこともあって、閑散商状の中、全般的に動意薄。そんな中、
ややユーロ売りが優勢で、ユーロドルは1.4848から1.4804まで下落し、ユーロ円
も、121.13から120.72まで下落。もっとも下値では買い意欲も根強く、ユーロドルは
1.4838まで反発し、ユーロ円も121.06まで反発。一方、ドル円は81.52から81.64
まで小幅上昇したものの、81.52まで押しもどされるといった狭いレンジを往って来い。

USDJPY:81.54-56
EURUSD:1.4826-28
EURJPY:120.89-92



[2011/04/29 12:37] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、反落 

 ユーロドルは、1.4821から1.4848まで上昇したものの、オージードルが下落したのに
連れ安となり、1.4803まで反落。しかし、今のところ1.4800付近では買い意欲も強い
模様で1.4820台まで反発。

USDJPY:81.49-51
EURUSD:1.4824-25
EURJPY:120.79-82



[2011/04/29 10:26] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、小じっかり 

 ユーロドルは、1.4821処から1.4848まで小じっかりの展開。ただ、1時間足のトレンド転換
&買いサイン点灯となるポイントの手前で足踏み状態。今のところ1.4850が重い感じ。

USDJPY:81.55-57
EURUSD:1.4838-39
EURJPY:121.03-05



[2011/04/29 09:15] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/04/28の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:19現在

USDJPY:81.60-61
EURUSD:1.4841-42
EURJPY:121.09-11

と前日のNY Closeに比べ、若干ユーロ高水準で推移中。本日のアジア市場は、東京市場が
昭和の日で休場のため取引参加者が少ない中、引き続きドルの上値の重い展開になるのでは
との声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方はアジア市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20110429am



[2011/04/29 08:22] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

8:00時点のドル円、ユーロドルの1時間足分析(4/29) 

 8:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンドは下向きであるものの、スイングが上
向きとなっており、方向が一致していません。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点
灯しており、反発&トレンド転換の可能性があるものの、先行させた基準線を下回り、21
時間移動平均足が陰線でレジスタンスとなっており、1時間足ベースでは、ドルは上値の
重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=81.30
OP=80.99
XOP=80.50

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。8:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは81.70超え。

 また、8:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンドは下向きであるものの、ス
イングが上向きとなっており、方向が一致していません。Stochasticsが買いサインを点
灯し、先行させた基準線を上回っており、反発&トレンド転換の可能性がある一方で、MA
CDが売りサインを点灯し、21時間移動平均足が陽線ながらレジスタンスとなっており、上
値も重く、1時間足ベースでは、レンジ内で方向感に欠ける展開になると予想されます。
1時間足ベースの目標値は失効しており、1.4773を下回るかトレンド転換するまで様子見。
8:00時点での1時間足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.4853超
え。



[2011/04/29 08:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

怖くて買えない相場は強いって言うけど・・ 

 バーナンキFRB議長が記者会見でドル安に懸念を示さなかったことで、ドル売り安心感
から、昨日のユーロドルは東京市場で1.4882まで上昇。流石に上昇のピッチが速過ぎる
ってことで、海外市場に入ってからは、利食い売りに1.4773まで反落したものの、東京
市場の安値を更新できずに、1.48台を回復して取引を終了。日足を見ると、依然として、
トレンド・スイング共に上向きで、一目均衡表でも“三役揃い踏み”の強気サインを維持して
おり、ユーロの堅調地合いに変調の兆しは見えません。ただ、ピボットの21日EMAとの
乖離が+3%に達しており、反落のリスクも。ただ、怖くて買えない相場は強いって言うので、
思ったほどの押し目もなく上昇してしまう可能性もありますが・・・。



[2011/04/29 07:09] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2011/04/29 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20110429



[2011/04/29 06:24] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

11/04/28主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日午前のロンドン市場は、ユーロの利食い売りが優勢
に。ユーロドルは1.4865から1.4791まで弱含み、ユーロ円も121.38から120.82まで下落。
一方、ドル円はユーロドルの下落の影響で底堅く推移し、81.48まで下落後は81.86まで反
発。
 NY市場に入り、ドル円は、低調な第1四半期GDP速報値や新規失業保険申請件数を受け、
81.83から81.40まで下落。ユーロドルは、低調な米経済指標を受け1.4853まで反発したも
のの、ロシア筋の売りに1.4773まで反落。ユーロ円は、121.06から120.40まで下落。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

11/04/28主要通貨レンジ・ピボット



[2011/04/29 06:23] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比+72.35ドルで大引け 

 NYダウは前日比+72.35ドルの12763.31ドルで大引け。NASDAQは前日比+2.65pの
2872.53p、S&Pは前日比+4.82pの1360.48pで取引終了。

USDJPY:81.54-55
EURUSD:1.4821-22
EURJPY:120.84-86



[2011/04/29 05:07] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、上値の重さは変わらず 

 ドル円は81.40まで下落後、米7年債入札が不調だったことで、米債利回りが低下幅を
縮小したことから、81.70まで反発したものの、米債利回りが再び低下に転じると、81.50
付近まで押し戻される展開。

USDJPY:81.49-50
EURUSD:1.4817-18
EURJPY:120.73-75

NYダウ:12743.14 +52.41
米10年債:3.31%



[2011/04/29 04:29] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、広めのレンジ内を往来 

 お早うございます。ユーロドルは1.4776処まで下落した後1.4852まで反発したと
思えば1.4774処まで下落し、また1.4825付近まで反発するといった具合に、広めの
レンジ内での往来相場。

USDJPY:81.55-56
EURUSD:1.4815-16
EURJPY:120.81-83

NYダウ:12726.64  +35.68
米10年債:3.33%



[2011/04/29 03:32] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、調整売り続く 

 ユーロドルは、予想より弱い米第1四半期GDPや新規失業保険申請件数を受け、一旦
下げ止まり1.4816処まで反発したものの、再び売りが優勢tなり、1.4776処まで下落。

USDJPY:81.49-50
EURUSD:1.4788-89
EURJPY:120.51-53



[2011/04/28 22:24] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2011/04/28 

3月シカゴ連銀全米活動指数:0.26(予想:0.50)
第1四半期GDP(速報値/前期比年率):1.8%(予想:2.0%)
第1四半期GDP価格指数(速報値):1.9%(予想:2.3%)
第1四半期コアPCE(速報値):1.5%(予想:1.4%)
第1四半期個人消費(速報値):2.7%(予想:2.0%)
新規失業保険申請件数:42.9万件(予想:39.5万件)



[2011/04/28 21:30] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、OP=1.4793を達成 

 ユーロドルは、1時間足の目標値OP=1.4793を達成し、1.4788まで下値を拡大。



[2011/04/28 21:01] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、COP=1.4810を達成 

 ユーロドルは1時間足の目標値COP=1.4810を達成し、1.4802まで下値を拡大。



[2011/04/28 20:27] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

20:00時点のドル円・ユーロドルの1時間足分析(4/28) 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ、先行
させた基準線を下回っています。Stochasticsが買いサインを点灯しており、下げ渋る可
能性はあるものの、MACDが売りサインを点灯し、21時間移動平均足が陰線で、これを下回
っており、1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=81.30
OP=80.99
XOP=80.50

となり、この目標値は81.97を上回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは82.28超え。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に下向きとな
っています。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯しており、ユーロの上値は重い
展開が予想されるものの、先行させた基準線を上回り、21時間移動平均足が陽線で、これ
を上回っており、下値も堅く、1時間足ベースでは、ユーロはレンジ内での揉み合いが予
想されます。

一応、1時間足ベースの目標値は

COP=1.4810
OP=1.4793
XOP=1.4765

となり、この目標値は1.4849を上回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.4866超え。



[2011/04/28 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)