閑散商状の中、ユーロ買い強まる=アジア市場(12/31) 

 本日のアジア市場は、大晦日で東京、韓国が休場、香港・シンガポールも短縮取引で
市場参加者が少なく、閑散商状の中小動きに。しかし、欧州勢の早出組みが市場に参入
してくると、リバランスに絡んだ(?)ユーロ買いが強まり、ユーロドルは、前日の高値を
上抜くと、流動性が低下する中1.3391まで値を飛ばし、ユーロ円も一時108.80まで
上昇。ドル円は81.50付近での小動きが続いていたものの、ユーロドルの上昇の影響で、
昨日の安値81.28に面合せする場面も。

 それでは、本日のアジア市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、ディールをまだされる方は、夜間のディールの参考にして下さい。

 本年の更新はここまでと致します。本年はお世話になりました、来年も宜しくお願い致します。
では、皆さんよいお年を!!

originalpivot20101231pm



[2010/12/31 18:21] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

閑散商状の中、ユーロドルはストップを巻き込み値を飛ばす 

 大晦日で閑散商状の中小動きとなっていたものの、ユーロドルは前日の高値を上抜ける
と、ストップを巻き込み値を飛ばし1.3341まで上昇。ユーロクロスも上昇しており、ユーロは
全面高。

USDJPY:81.39-40
EURUSD:1.3333-34
EURJPY:108.53-55



[2010/12/31 15:26] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/12/30の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:50現在

USDJPY:81.51-52
EURUSD:1.3292-93
EURJPY:108.35-37

と前日のNY Closeとほぼ同水準での小動き。本日は東京市場に加え、韓国が休場で、香港、
シンガポールも短縮取引となっており、アジア時間は閑散商状の中、動意薄の展開が予想
されます。動意付くとすれば、NY市場に入ってからではないかとの声が市場参加者から聞かれて
いる模様。ただ、マーケットが薄いだけに、何かの拍子に値が飛ぶ可能性があるので、ポジションを
もたれている方はリスク管理はしっかりと。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方はアジア市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20101231am



[2010/12/31 08:57] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2010/12/31 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20101231



[2010/12/31 08:35] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

10/12/30主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 お早うございます。今年も今日でおしまい。1年間しょぼいブログにお付き合い戴き有
難うございました。仕事の関係で更新が減るかも知れませんが、来年も宜しくお願い致し
ます。では、相場です。昨日のロンドン市場は、手掛かり材料難の中ややドル売りが優勢
な地合で取引が始まり、ドル円は81.55から81.41まで小緩んだものの、ユーロ円の上昇の
影響で81.67まで上昇。ユーロドルは、1.3227から1.3267まで上昇し、ユーロ円は107.78
から108.26まで上昇。
 NY市場に入り、新規失業保険申請件数、シカゴPMI、中古住宅販売成約指数が軒並み予
想を上回る好結果となったことを受け、ドル円は81.42から81.86まで上昇。しかし、米10
年債利回りが低下に転じたことから買いが一巡すると81.52まで反落。ユーロドルは、買
いが先行し1.3315まで上昇した後、良好な米経済指標を受け1.3255まで反落したものの、
押し目買い意欲も根強く1.3304まで反発。ユーロ円は108.09から108.93まで上昇したもの
の、ドル円が反落に転じた影響で108.31まで反落。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

10/12/30主要通貨レンジ・ピボット



[2010/12/31 08:33] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

手掛かり材料難で小動きながらややドル売り優勢気味 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場は、手掛かり材料難から全般的に小動き
ながら、ややドル売りが優勢気味。ドル円は81.55から81.41まで小緩み、ユーロドル
は1.3227から1.3264まで堅調推移。ユーロ円は、107.78から108.01まで小じっかり。

USDJPY:81.43-44
EURUSD:1.3260-61
EURJPY:107.97-99



[2010/12/30 19:40] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドルの上値は重いものの、終盤はショートカバーに反発気味=午後の東京市場(12/30) 

 本日午後の東京市場は、閑散商状の中、ドルの上値の重い展開となっていたものの、
ドルが下げ渋ると、東京市場終盤にかけてはショートカバーに反発し、往って来いの展開。
ドル円は午前に81.68から81.28まで下落したものの、午後は下げ渋り小動きとなり、ロンドン勢
が参入してくると、ショートカバーに82.61まで反発。ユーロドルも、午前に1.3217から1.3260
まで上昇したものの、午後に入り上げ渋り、ロンドン勢の参入に伴い1.3225付近まで反落。
ユーロ円はドル円の下落とユーロドルの上昇に挟まれ、終日方向感に乏しいレンジ内での
揉み合いに終始。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20101230pm



[2010/12/30 17:13] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

年末の買出しに行ってる間に、円買い進行 

 年末の買出しに行っている間に、円買いが進行してました。ドル円は、81.30まで
下値を拡大し、ユーロ円も107.59-62レベルまで下落。ユーロドルは1.3238まで上昇
し、昨日のNY市場の高値に肉薄。明日か年明け3日のNY市場でドル円は80円割れを
トライしに行くような気がするなぁ・・・。

USDJPY:81.10-41
EURUSD:1.3238-39
EURJPY:107.76-77



[2010/12/30 09:53] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2010/12/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20101230



[2010/12/30 08:10] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

10/12/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 お早うございます。事務所に行くのは年内は昨日までで、本日は久しぶりに自宅からの
更新。ってことで、いきないり寝過ごしてしまいました(滝汗)。では、遅くなりましたが、
相場です。昨日のロンドン市場は、中国の金融引き締めや来月の胡錦濤・中国国家主席の
訪米に絡んだ人民元の先高感を背景に円買いが優勢となり、ドル円は82.25から82.04まで
小幅下落し、ユーロ円も107.97から107.68まで上値の重い展開に。ユーロドルは、東京市
場終盤にかけての買いが一服し、1.3146から1.3109まで反落。
 NY市場に入り、米7年債入札が好調だったことから米10年債利回りが低下したため、ド
ル円は82.23から81.61まで下落。ユーロドルは、独CPIが予想を上回る上昇となったこと
を受けた欧米金利差拡大を材料に1.3126から1.3240まで上昇し、ユーロ円は107.63まで下
落後108.11まで上昇。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

10/12/29主要通貨レンジ・ピボット



[2010/12/30 08:08] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

小動きながら円買い優勢地合続く 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場は、値幅的には大したことはないものの、
円買いが優勢地合が続いており、ドル円は82.26から82.04まで下落し、ユーロ円は
107.97から107.68まで下落。ユーロドルは、東京市場終盤の買いが一巡し、1.3146
から1.3109まで弱含み。

USDJPY:82.10-11
EURUSD:1.3121-22
EURJPY:107.72-74



[2010/12/29 20:47] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

値幅は限定的ながら欧州勢の参入に伴いドル売り優勢に=午後の東京市場(12/29) 

 本日午後の東京市場は、閑散商状の中、手掛かり材料難から小動きとなっていた
ものの、欧州勢の参入に伴い値幅は限定的ながらドル売りが優勢に。ドル円は82.05
まで下落し、ユーロドルは1.3158まで上昇。ユーロ円は、ドル円での円買いと、ユーロドル
でのユーロ買いに挟まれ107円台後半での揉み合い。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20101229pm



[2010/12/29 17:11] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

欧州勢はドル売りで参入 

 欧州勢の参入に伴いややドル売りが優勢に。ドル円は82.18まで下値を拡大し、
ユーロドルは一時1.3150まで上昇。

USDJPY:82.17-18
EURUSD:1.3147-48
EURJPY:108.03-05



[2010/12/29 16:15] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

午後は閑散商状で開店休業状態 

 午後に入りマーケットは閑散商状で、開店休業状態。ドル円は午前中に82.45から
82.26まで弱含んだ後は安値圏に張り付き、ユーロドルは朝一で1.3083まで突っ込んだ
後1.3134まで反発し、その後は1.3120台での揉み合い。東京市場はでの取引は終わった
って感じ。欧州勢が参入してくるまでは、休憩タイム?

USDJPY:82.26-28
EURUSD:1.3122-23
EURJPY:107.96-98



[2010/12/29 14:33] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円はじり安推移、ユーロドルは往来相場 

 ドル円は値動きこそ小さいものの、本邦輸出企業やアジア中銀からのドル売りに
82.45から82.26までじり安推移。一方、ユーロドルは、1.3119から1.3083まで下落後、
1.3116まで反発し往って来いの展開。しかし、上値の重さは否めず、ショートカバー一巡後は
1.31台前半での揉み合いに。

USDJPY:82.32-33
EURUSD:1.3112-13
EURJPY:107.94-96



[2010/12/29 10:43] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/12/28の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:21現在

USDJPY:82.36-37
EURUSD:1.3114-15
ERUJPY:108.01-04

と前日のNY Closeとほぼ同水準で推移中。本日の東京市場は、本邦輸出企業の
ドル売りオーダーと米債利回り上昇を背景としたドル買いに挟まれて、レンジ内での
揉み合いになるのではとの声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20101229am



[2010/12/29 08:25] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

年末年始は円高? 

 ドル円はNY Closeで微妙に日足一目均衡表の雲の下限を割り込み、遅行線<同じ
時間軸の日足、転換線<基準線と併せて“三役逆転”の弱気サインを点灯しています。
スイング・チャートでも、トレンド・スイングが共に下向きとなっており、年末年始にかけて
もしかしたら、円高が進むのかも。まぁ、今日、明日はまだ東京市場がオープンしている
ので円買いも限定的になるとは思いますが、大晦日と年明け3日の動きには注意が
必要かもしれません。




[2010/12/29 07:56] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2010/12/29 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20101229



[2010/12/29 07:31] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

10/12/28主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日の欧州市場は、ロンドン市場が引き続き休場で閑散
商状の中、リスク回避的なスイスフラン買いをきっかけにドル売りが強まり、ドル円は82.
46から81.82まで下落し、ユーロドルは1.3210から1.3275まで上昇。ユーロ円は、ドル円
に連れ安となり、109.07から108.58まで下落。
 NY市場に入り、10月のS&Pケース・シラー住宅価格指数が予想以上に下落したことや消
費者信頼感足数の予想外の悪化を受け、ドル円は81.81まで下落したものの、米5年債入札
が不調に終わったことで、米10年債利回りが上昇したことから82.53まで反発。ユーロド
ルは、米債利回り上昇を受けた欧米金利差縮小を材料に1.3229から1.3093まで下落し、
ユーロ円は108.53から107.62まで下落。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

10/12/287主要通貨レンジ・ピボット



[2010/12/29 07:29] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比+20.51ドルで大引け 

 ダウ平均は前日比+20.51ドルの11575.54ドルで大引け。NASDAQは前日比-4.39pの
2662.88p、S&Pは前日比+0.97pの1258.51pで取引終了。

USDJPY:82.47-48
EURUSD:1.3119-20
EURJPY:108.22-24



[2010/12/29 06:13] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、ショートカバー続く 

 米5年債の入札不調による米10年債利回り上昇を背景としたドルのショートカバー
にドル円は82.38まで反発し、ユーロドルは安値圏での揉み合い。

USDJPY:82.37-38
EURUSD:1.3111-12
EURJPY:107.99-01

NYダウ:11581.21 +26.26
米10年債:3.46%




[2010/12/29 04:15] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

米債利回り上昇でドル買い 

 お早うございます。米10年債利回りの上昇を受け、対欧州通貨を中心にドル買いが
優勢で、ユーロドルは一時1.3093まで下落し、ドル円は82.34まで反発。

USDJPY:82.31-33
EURUSD:1.3103-04
EURJPY:107.87-89

NYダウ:11574.89 +20.43
米10年債:3.45%



[2010/12/29 03:52] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

円買いが優勢に=午後の東京市場(12/28) 

 本日午後の東京市場は、小動きながら円がじり高推移。米債利回りの低下を材料に
ドル円が本日の安値を更新し82.36まで下落すると、ユーロ円も108.89まで下落。
ユーロドルはじり安推移となり、1.3211まで反落。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20101228pm



[2010/12/28 17:13] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドルは一応下げ止まってはうるものの、上値の重さは変わらず 

 ドル円は82.48、ユーロドルは1.3255を示現後はドル売りは一服状態となている
ものの、安値圏に張り付いており、まったく戻らずって感じ。米系企業のリパトリの
ドル買いが出ているって話もあるみたいですが、本当かなぁ?

USDJPY:82.49-50
EURUSD:1.3240-41
EURJPY:109.21-23



[2010/12/28 14:24] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル売り優勢=午前の東京市場(12/28) 

 本日午前の東京市場は、ドル売り優勢で、ドル円は82.81から82.61まで下落し、
ユーロドルは1.3160から1.3250まで上昇。尚、ドル円はランチタイムに入り、82.51
まで下値を拡大。ユーロ円は108.97から109.52まで上昇後、ドル円の下落の影響で
109.26まで小反落。

USDJPY:82.50-51
EURUSD:1.3243-44
EURJPY:109.28-29




[2010/12/28 12:28] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル売り一服も、ドルの戻りは鈍い 

 朝方からのドル売りも一服。ドル円は82.64まで下落後は下げ渋っているものの、
依然として上値は重く、安値圏での揉み合い。ユーロドルは断続的にストップを巻き込み
1.3250まで急騰した後は若干小緩んではいるものの、下値は堅い状況が続いています。

USDJPY:82.65-66
EURUSD:1.3225-26
EURJPY:109.30-32



[2010/12/28 11:17] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、OP=1.3228を達成 

 ユーロドルの買いが強まっており、1時間足の目標値OP=1.3228を達成し、
1.3236まで上値を拡大。



[2010/12/28 09:18] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

1時間足ではドル売り優位 

 9:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ先行さ
せた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯し、21時間移
動平均足が陰線でレジスタンスとなっており、1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展
開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=82.62
OP=82.23
XOP=81.61

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。9:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは82.96超え。

 また、9:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯し、
21時間移動平均足が陽線でサポートとなっており、1時間足ベースでは、ユーロは堅調推
移が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3204
OP=1.3228
XOP=1.3267

となり、この目標値は1.3150を下まわるかトレンド転換するまで有効。9:00時点での1時
間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.3126割れ。



[2010/12/28 09:04] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

10/12/27の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:32現在

USDJPY:82.77-78
EURUSD:1.3166-67
EURJPY:108.99-01

と前日のNY Closeとほぼ同水準で推移中。本日も昨日に続き、シドーニー市場や
ロンドン市場が休場で、東京市場も官公庁の御用納めで市場参加者の減少が予想
され、基本的には動意薄の展開になるのではとの声が市場参加者から聞かれている
模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントを
アップしておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20101228am



[2010/12/28 08:38] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

日足では依然としてスイング・チャートも一目均衡表も売り優位を示しているけど・・ 

 ユーロドルの日足を見ると、スイング・チャートも一目均衡表も依然として売り優位
を示しているものの、下値も堅く下げ渋っている印象。ここにきて、ピボットの5日EMA
が下向きから横ばいに変化。地合の変化の前触れかもしれず、一応注意が必要かも。



[2010/12/28 08:24] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)