真逆の噂 

 東京市場では、ロンドン・フィキシングでユーロ売りが出るって噂でしたが、NY市場では
ロンドン・フィキシングで大口のユーロ買いが出るって噂が流れている模様。まぁ東京より
NYの噂のほうが信憑性は高いような気がしますが。

USDJPY:83.39-41
EURUSD:1.3649-51
EURJPY:113.83-85

NYダウ:10890.04 +54.83



[2010/09/30 23:46] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは既に1.3620付近が堅くなった感じ 

 予想を上回る9月のシカゴPMIに再びドル買いが優勢となり、ユーロドルは1.3619
付近まで下落したものの、ドル買いは長続きせず。ユーロドルは既に1.3620付近が
底堅くなっている感じ。後は、噂どおりロンドン・フィキシングでユーロ売りが出るのか
に注目。大したことがなければ、1.37台乗せをトライするかも。ドル円もシカゴPMIを
受け、83.64まで反発するも、依然として上値の重い状態。

USDJPY:83.48-50
EURUSD:1.3639-41
EURJPY:113.86-89

NYダウ:10907.94 +72.66



[2010/09/30 23:10] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/09/30 Part2 

9月シカゴ購買部協会景気指数:60.4(予想:55.5)



[2010/09/30 22:45] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

予想を上回る米経済指標にもドル買いは一時的 

 第2四半期米・GDPや新規失業保険申請件数が予想より良かったものの、ドル買いは
一時的で、ユーロドルは本日の高値を更新し1.3682まで上昇。ドル円も83.20まで反落。

USDJPY:83.22-24
EURUSD:1.3674-76
EURJPY:113.84-86



[2010/09/30 22:00] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/09/30 

第2四半期GDP(確報値/前期比年率):1.7%(予想:1.6%)
第2四半期個人消費(確報値):2.2%(予想:2.0%)
第2四半期GDP価格指数(確報値):1.9%(予想:1.9%)
第2四半期コアPCE(確報値):1.0%(予想:1.1%)
新規失業保険申請件数:45.3万件(予想:46.0万件)



[2010/09/30 21:30] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、もう一段の上値トライ? 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ先行さ
せた基準線を下回っています。Stochasticsが買いサインを点灯しており、下げ渋る可能
性があるものの、MACDが売りサインを点灯し21時間移動平均足が陰線で、これを下回って
ることから、1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=83.56(達成済)
OP=83.33(達成済)
XOP=82.96

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは83.81超え。

 また、20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、
且つ先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯し、
21時間移動平均足が陽線で、これを上回っていることから、1時間足ベースでは、ユーロ
は堅調推移が予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3703
OP=1.3747
XOP=1.3819

となり、この目標値は1.3603を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.3559割れ。



[2010/09/30 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは1.3675まで上昇 

 ユーロドルは、1.3650のオプション・トリガーをヒットすると1.3675まで上値を拡大。
ユーロ円も113.87まで反発。ドル円は83.41まで反発後83.25-27水準まで反落。

USDJPY:83.29-31
EURUSD:1.3666-68
EURJPY:113.83-86



[2010/09/30 19:24] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、本日の高値を更新 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場はユーロ買いが優勢。ユーロドルは1.3610
から1.3646まで上昇し本日の高値を更新。ユーロ円も113.32から113.62まで反発。
一方、ドル円は83.16まで下落し本日の安値を更新後、83.40まで反発。

USDJPY:83.37-39
EURUSD:1.3620-22
EURJPY:113.57-60



[2010/09/30 18:26] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは本日の安更新後急反発=午後の東京市場(9/30) 

 本日午後の東京市場は、アングロ・アイリッシュ銀行の救済に関する発表やムーディーズ
によるスペイン国債の格下げなどを受け、ユーロドルは1.3559、ユーロ円は112.97まで下落。
しかし、材料出尽くし感から下げ止まると、予想より強い9月の独・雇用統計を受けユーロドルは
1.3625、ユーロ円は113.52まで反発。一方、ドル円は83.19まで下落した後83.40まで反発。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20100930pm



[2010/09/30 17:17] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.3559まで下落後反発 

 ユーロドルは、アイルランド中銀が「アングロ・アイリッシュ銀行救済に伴う最終的な
政府負担が最悪340億ユーロとなる可能性がある」と発表したことや、ムーディーズ
によるスペイン国債格下げを発表したことから、一時1.3559まで下落。しかし、材料
出尽くしとの見方から1.3603まで反発。

USDJPY:83.35-37
EURUSD:1.3602-04
EURJPY:113.38-41



[2010/09/30 16:17] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ムーディーズ、予想通りスペイン国債を格下げ 

 ムーディーズは予想通りスペイン国債をAa1に格下げし、見通しは安定的としました。
これを受け、ユーロドルは1.3560まで値を下げたものの、現在は反発気味。材料出尽くし
となるのかに注目。

USDJPY:83.42-44
EURUSD:1.3574-76
EURJPY:113.28-31



[2010/09/30 15:25] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、お上が介入を開始したレベルまで落ちてきたけど・・・ 

 ドル円は、今月の15日にお上が介入を始めた水準まで落ちてきましたが、今のところ
再度お上が介入を実施するって感じはありません。まぁ介入なんて相場を歪めるだけなんで
しないに越したことはありませんが、今日何もしないなら、そもそも何故15日介入したのかなぁ
って気がしないでもありません。

USDJPY:83.30-32
EURUSD:1.3565-67
EURJPY:113.00-03



[2010/09/30 15:02] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、久しぶりに遅行線が時間足の下抜けトライ中 

 午後に入ってもじり安推移となっているユーロドルですが、1時間足では久しぶりに
遅行線が時間足の下抜けトライ中。ロンドン・フィキシングでユーロ売りが出るとの観測や
本日ムーディーズがスペイン国債を格下げするとの見通しなどがユーロ売りの材料となって
いる模様。ただ、スペインの格下げはもう以前から噂に上っていたことで、実際に格下が発表
されれば、材料出尽くしでユーロ買いが優勢になる可能性が高いような気がするけど。

USDJPY:83.40-42
EURUSD:1.3583-85
EURJPY:113.29-32



[2010/09/30 14:35] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、本日の安値更新 

 午後に入っても円買いが静かに進行。ドル円は83.48まで下落し、本日の安値を更新
し、ユーロ円も113.57まで下落し、本日の安値を更新。また、ユーロドルも1.3595を示現
し、本日の安値を更新。

USDJPY:83.53-55
EURUSD:1.3601-03
EURJPY:113.59-62



[2010/09/30 13:53] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・ユーロ円はじり安推移=午前の東京市場(9/30) 

 本日午前の東京市場は、円買いが優勢となり、ドル円・ユーロ円はじり安推移。ドル円は、
中間決算期末で仲値不足が大きいとの思惑や介入期待の買いに83.81まで上昇したものの、
仲値不足は思ったほどでもなく、上げ渋ると、仲値以降はロンドン・フィキシングで円買いが
持ち込まれるとの観測から83.50まで下落。ユーロ円も、ドル円につられて114.23まで強含
んだ後、113.66まで下落。ユーロドルは、ユーロ円の下落もあり、1.3638から弱含み推移
となり、1.36割れのストップを引っ掛け1.2596まで下落。

USDJPY:83.58-60
EURUSD:1.3605-07
EURJPY:113.72-75



[2010/09/30 12:15] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円じり安推移 

 ドル円は、介入期待の買いに83.81まで上昇する場面も見られたものの、買い
一巡後はじり安推移で83.52まで下値を拡大。ユーロドルは1.3620から1.3638まで
上昇後、1.3606まで下押し。

USDJPY:83.52-54
EURUSD:1.3616-18
EURJPY:113.76-79



[2010/09/30 11:25] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、介入期待(?)で買い先行も続かず 

 ドル円は介入期待(?)で買いが先行し、83.81まで小幅上昇したものの、買いは
続かず、83.61まで反落。ユーロドルは1.3620から1.3637まで小じっかり。

USDJPY:83.64-66
EURUSD:1.3624-26
EURJPY:113.94-97



[2010/09/30 10:26] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドルは上値の重い展開が継続も、ドル円は介入警戒感で下げ渋るか 

 9:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンドは下向きであるものの、スイングが下
向きとなっており、方向が一致していません。先行させた基準線を下回っていることから、
1時間足ベースでは、ドルは上値の重い展開が予想されるものの、MACD・Stochasticsが買
いサインを点灯し、21時間移動平均足が陰線ながら、これを僅かながら上回っていること
から、下値も限定的なものに留まる可能性も。

1時間足ベースの目標値は

COP=83.56(達成済)
OP=83.33
XOP=82.96

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。9:00時点での1時間足ベースのト
レンド転換&買いサイン点灯となるポイントは83.94超え。

 また、9:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンドは上向きであるものの、ス
イングが下向きとなっており、方向が一致していません。MACD・Stochasticsが共に売り
サインを点灯しており、短期筋の利食いに下押しが入る可能性があるものの、先行させた
基準線を上回っていることや21時間移動平均足が陽線でサポートとなっていることから、
1時間足ベースでは、ユーロは底堅く推移すると予想されます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3666
OP=1.3697
XOP=1.3747

となり、この目標値は1.3597を下回るかトレンド転換するまで有効。9:00時点での1時間
足ベースのトレンド転換&サイン点灯となるポイントは1.3577割れ。



[2010/09/30 09:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

10/09/29の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:10現在

USDJPY:83.76-78
EURUSD:1.3623-25
EURJPY:114.10-13

と前日のNY Closeとほぼ同水準で推移中。強いて言えば若干ドル高気味。本日の
東京市場は、中間決算期末ってことで、仲値設定にかけて本邦輸出企業のドル売りが
強まる可能性がある一方で、本邦通貨当局による介入の可能性もあり、動きづらい
展開が予想されるとの声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20100930am



[2010/09/30 08:17] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは押し目待ちに押し目なし状態続く 

 ユーロドルは依然として堅調推移が続いており、昨日は1.3647まで上昇。日足では
ピボットの21日EMAとの乖離が3%を超える状態が続いており、いくらなんでもやり過ぎ
って感は否めないものの、なんせ下押しは限定的に留まっています。なんとなく、短期的
には上げ過ぎってことで売り上がって捕まっている筋が結構いるんじゃないかって気が
します。なので、ちょっとでも下がれば、すかさずショートカバーが入り、その結果として
下押しが小幅なものに留まるって展開になっているのではないかなぁ。取り敢えず、利食いを
除けば、値頃感で売るのはやめた方がいいんじゃないかな。



[2010/09/30 07:46] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証2010/09/30 

前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20100930



[2010/09/30 07:07] システムトレード | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2010/09/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20100930



[2010/09/30 06:57] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

10/09/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日のロンドン市場は、全般的に小動き。ドル円は、介
入警戒感もあって下げ渋り、83.57から83.70のレンジで小動き。ユーロドルは、ユーロ
圏・9月の経済信頼感指数の上振れで強含む場面も見られたものの、買いは続かず、結局、
1.3577から1.3618のレンジ内での往来。ユーロ円は113.53まで下落後113.93まで上昇。
 NY市場に入り、ドル円は、メドレーレポートが「次回会合で追加緩和策に踏み切り円安
誘導を模索する」と伝えたことでショートカバーが強まり、83.94まで上昇するも、同時
に「介入との二面作戦には否定的である」との見解も示されたことから84円台回復はなら
ず、米量的追加緩和観測に83.56まで反落。ユーロドルは、NYダウが下落して始まったこ
とで1.3578まで下落したものの、1.36割れでの押し目買い意欲が強く、NYダウが一時プラ
ス圏を回復したこともあって1.3647まで上昇。ユーロ円は113.67から114.15まで堅調推移。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

10/09/29主要通貨レンジ・ピボット



[2010/09/30 06:56] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比-22.86ドルで大引け 

 NYダウは前日比-22.86ドルの10835.28ドルで大引け。NASDAQは前日比-3.03pの
2376.56p、S&Pは前日比-2.98pの1144.72pで取引終了。

USDJPY:83.72-74
EURUSD:1.3627-29
EURJPY:114.11-14



[2010/09/30 05:15] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、高値からは小緩む 

 ユーロドルは1.3647まで高値を更新した後、1.3650のオプション・プロテクトの売りに
押されて1.3621まで小緩む展開。ドル円は依然として83.60台での小動き。

USDJPY:83.64-66
EURUSD:1.3627-29
EURJPY:113.99-02

NYダウ:10821.28 -36.86



[2010/09/30 04:31] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、堅調推移続く 

 お早うございます。NY市場は午後に入り、ユーロドルが堅調推移。米追加金融緩和
観測を背景にNYダウがプラス圏を回復したこともあって一時1.3646まで上昇。1.3650
のオプション・プロテクトの売りオーダーを巡る攻防中。ドル円は83.60台での揉み合い。

USDJPY:83.60-62
EURUSD:1.3639-41
EURJPY:114.03-06

NYダウ:10860.75 +2.61



[2010/09/30 03:50] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円はメドレーレポートを受け反発も84円台回復はならず 

 ドル円は、メドレーレポートが「次回会合で追加緩和策に踏み切り円安誘導を模索
する」と伝えたことでショートカバーが強まったものの、同時に「介入との二面作戦には
否定的である」との見解も示されたとかで、反発も83.93-95レベルに留まり、84円台回復
はならず。一方、ユーロドルは1.36割れでは買いが湧いてくる感じで1.3615まで反発。

USDJPY:83.75-77
EURUSD:1.3607-09
EURJPY:113.97-00

NYダウ:10850.79 -7.57



[2010/09/29 23:14] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、一時83.93まで反発 

 市場参加者が介入に対してナーバスになっている中、まとまった買いが入ったとかで、
ドル円は一時83.93まで反発。一方、ユーロドルは原油の下落もあって、1.3644を示現後、
1.3584まで反落。

USDJPY:83.77-79
EURUSD:1.3593-95
EURJPY:113.85-88



[2010/09/29 22:49] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

まだ上へ行くのか? 

 ユーロドルは1.3644まで上昇し、本日の高値を更新。ピボットの21日EMAとの乖離が
3%を超えており、ちょっとやり過ぎじゃないかと思うんだが、まだ上へ行くのか?

USDJPY:83.63-65
EURUSD:1.3624-26
EURJPY:113.96-99



[2010/09/29 21:44] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは1.36台前半での揉み合い 

 ロンドン市場入りした直後は上下に振れる場面も見られたユーロドルですが、現在は
1.36台前半での揉み合い。本日は目ぼしい経済指標の発表予定もなく、流石にここから
一気に上値トライという展開は想定しづらく、この後はNY市場オープン後のNYダウや米債
利回りの動向を睨みながらの展開か。ドル円は83.50台は堅い感じがするものの、上値も
既に83.70付近が重い感じ。まだ、下値に対する警戒は怠れないが、介入が怖くて下値を
積極的には攻めづらい感じ。

USDJPY:83.64-66
EURUSD:1.3616-18
EURJPY:113.87-90



[2010/09/29 21:19] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)