ユーロドル1時間足、再び先行させた基準線を終値ベースで上抜きそうだが・・ 

 一時39.75ドル安となっていたNYダウが持ち直していることもあって、ユーロドルは1.2293
まで反発し、1時間足では23時台の終値ベースで先行させた基準線を再び上抜きそう。
ただ、今のユーロドルは、ユーロスイスやユーロポンドの動向に甚大な影響を受けており、
独自の動きじゃないって感じ。今日はユーロスイスやユーロポンドが反発しているので、ユーロ
ドルも反発しているだけってって感が無きにしも非ず。

USDJPY:88.59-61
EURUSD:1.2279-81
EURJPY:108.76-79

NYダウ:9870.08 -0.83



[2010/06/30 23:35] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/06/30 Part2 

6月シカゴ購買部協会景気指数:59.1(予想:59.0)



[2010/06/30 22:45] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

う~む、ユーロドル方向感ないなぁ・・ 

 ユーロドルはECBが3カ月物オペで1319億ユーロの資金供給を行ったことをきっかけに
ショートカバーが強まり一時1.2305まで上昇し、1時間足ではトレンド転換&買いサイン点灯
となったものの、6月のADP雇用統計が予想を下回ったことで、その後はズルズルと値を下げる
展開となっており、1.2237まで反落。1時間足ベースの上値目標値が失効となるポイントである
1.2220に接近中。一旦上抜いた先行させた基準線を再び割り込んで下げており、ちょっとよくない
感じ。

USDJPY:88.57-59
EURUSD:1.2235-37
EURJPY:108.37-40



[2010/06/30 22:12] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/06/30 

6月ADP雇用統計:1.3万人(予想:6.0万人)



[2010/06/30 21:24] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、トレンド転換&買いサイン点灯 

 20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、且つ
先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯し、
21時間移動平均足が陽線で、これを上回っており、1時間足ベースではユーロは堅調に
推移すると思われます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.2337
OP=1.2390
XOP=1.2475

となり、この目標値は1.2220を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足
ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.2167割れ。



[2010/06/30 20:19] 要人発言 | トラックバック(-) | コメント(-)

ECBの資金供給オペでユーロドル1時間足は遅行線が時間足を上抜けしそう 

 今晩は。東京市場引け後のロンドン市場はユーロが戻り売りにやや弱含んでいたものの、
突然買いが強まり1.2208処から1.2275まで急騰。ECBが3カ月物オペで1319億ユーロの
資金供給を行ったとでユーロのショートカバーが強まったのが原因らしい。これを受け、ユーロ
ドル1時間足は遅行線が時間足を上抜けしそう。現時点では時間足を上抜いており、18時台の
終値が1.2246より上ならば上抜けが確定します。

USDJPY:88.69-71
EURUSD:1.2268-70
EURJPY:108.78-81



[2010/06/30 18:54] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1時間足、遅行線と時間足の衝突回避 

 ユーロドルの1時間足は遅行線と時間足の衝突をひとまず回避。この後下落する
時間足に同調して遅行線が下げるのか、それとももう一度時間足の上抜けをトライしに
いくのか、遅行線と時間足の位置関係に引き続き要注目。

USDJPY:88.63-65
EURUSD:1.2212-14
EURJPY:108.26-29



[2010/06/30 17:57] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

リスク回避の巻き戻し継続=午後の東京市場 

 本日午後の東京市場は、NYダウ先物がじり高推移となったことやハンガリーのサパーリ
首席顧問が「政府がIMFとスタンドバイ・ローン(包括的信用枠融資)を11年に契約する計画
がある」と発言したことが報じられたことでリスク懸念が後退し、リスク回避の巻き戻しが緩やかに
継続。ドル円は88.73、ユーロ円は108.55まで上昇し、ユーロドルも1.2240まで上昇。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20100630pm



[2010/06/30 17:10] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、ユーロ円のショートカバーが強まっています 

 ユーロドルとユーロ円のショートカバーが強まっており、ユーロドルは1.2235、ユーロ円
は108.44まで上昇。ユーロスイスとユーロポンドが反転上昇となっている影響が甚大。

USDJPY:88.63-65
EURUSD:1.2233-35
EURJPY:108.41-44



[2010/06/30 15:39] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、ユーロドル共に上値は重いと思うが、1時間足での遅行線の動向に注意 

 一時日経平均が下げ渋ったことやNYダウ先物が上げ幅を拡大したことでドル円は
88.64まで反発し、ユーロドルは1.2224まで上昇する場面が見られたものの、依然として
上値の重い状況が続いています。しかし、1時間足ではドル円・ユーロドル共に遅行線が
時間足に接近してきており、早ければドル円は16時台、ユーロドルは17時台に遅行線が
時間足に衝突する可能性も。この時、遅行線が時間足に跳ね返されれば、続落、時間足を
上抜けば、短期的な相場の基調が変わる可能性があるので要注目。って書いているうちに
ユーロドルは1.2230まで上昇してきています。

USDJPY:88.62-64
EURUSD:1.2229-31
EURJPY:108.38-41



[2010/06/30 15:35] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

買い支えられてはいるものの・・ 

 日経平均、上海総合株価指数が軟調推移となっている割にはドル円、ユーロドル
共に下値での買いオーダーに支えられて底堅い動きとなっています。ただ、ドル円
では88円割れ、ユーロドルは1.2100割れに結構まとまったストップオーダーが観測
されているみたいなので、やはり警戒すべきは下値リスクじゃないのかなぁ・・・。

USDJPY:88.50-52
EURUSD:1.2213-15
EURJPY:108.10-13



[2010/06/30 14:46] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

リスク回避の動きが先行も一巡後はユーロが反発=午前の東京市場 

 本日午前の東京市場は、日経平均が200円超の下落となったことや上海総合株価指数が
軟調推移となったことからリスク回避の円買いが先行し、ドル円は88.69から88.39、ユーロ円は
107.97から107.68まで下落し、ユーロドルも1.2192から1.2167まで下落。しかし、リスク回避の
動きが一巡すると、ドル円は88.64、ユーロ円は108.28、ユーロドルは1.2214まで反発。

USDJPY:88.54-56
EURUSD:1.2211-13
EURJPY:108.11-14



[2010/06/30 12:27] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

日経平均200円超の下落もNYダウ先物が小幅高でドル円は下げ渋り 

 日経平均が200円超の下落となっていることで円買いが優勢ながら、NYダウ先物が
小幅高となっていることもあって、ドル円の下値も限定的。ユーロドルも上値は重い
ものの、下値も限定的。

USDJPY:88.42-44
EURUSD:1.2185-87
EURJPY:107.76-79



[2010/06/30 10:19] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・ユーロドル共に1時間足では依然リスクは下向き 

 9:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きで、且つ先
行させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯して
いることから、仲値設定にかけて買いが強まる可能性があるものの、21時間移動平
均足が陰線でレジスタンスとなっていることから、1時間足ベースではドルは引き続
き上値の重い展開になると思われます。

1時間足ベースの目標値は

COP=89.12(達成済)
OP=88.59(達成済)
XOP=87.73

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。9:00時点での1時間足ベース
のトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは88.93超え。

 ユーロドルも、トレンド・スイング共に下向きで、且つ先行させた基準線を下回
っています。MACDが買いサインを点灯していることから、目先は下げ渋る可能性が
あるものの、Stochasticsが売りサインを点灯し、21時間移動平均足が陰線でレジス
タンスとなっていることから、1時間足ベースではユーロは上値の重い展開になると
思われます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.2208(達成済)
OP=1.2157(達成済)
XOP=1.2075

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。9:00時点での1時間足ベース
のトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.2218超え。



[2010/06/30 09:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

10/06/29の海外市場のレンジを基にしたピボット 

8:06現在

USDJPY:88.67-69
EURUSD:1.2188-90
EURJPY:108.06-09

と前日のNY Closeとほぼ同水準で推移中。本日は月末要因から仲値設定にかけて
円売りが先行する可能性があるものの、ドル円・ユーロ円で売らなければならない玉
が結構残っているとの観測もあり、円は底堅く推移するのではとの声が市場参加者から
聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20100630am



[2010/06/30 08:13] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証2010/06/30 

前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20100630



[2010/06/30 07:06] システムトレード | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2010/06/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20100630



[2010/06/30 06:55] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

10/06/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日のロンドン市場は、ユーロ売りが先行する形
で取引が始まり、ユーロドルは1.2222から1.2176、ユーロ円は108.44から107.80ま
で下落。ドル円はユーロ円に連れ安となり、88.52まで下落したものの、対ユーロで
のドル買いの影響で88.84まで反発。
 NY市場に入り、6月の消費者信頼感指数が予想を下回ったことやNYダウの大幅下落
を嫌気したリスク回避の動きに、ドル円は88.29まで下落。その後は急ピッチの下落
に対する反動や短期筋の利食いに下げ止まると88.61まで反発。ユーロドルは、欧米
株式市場の下落に伴うリスクポジション解消目的の売りが出たほか、リアルマネー
の売りに1.2151まで下落後1.2212まで反発したものの、上値は重く、結局1.22割れ
の水準に押し戻され、ユーロ円も107.30まで下落後108.17まで反発するも、107.80
付近まで押し戻される展開となりました。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にして下さい。

10/06/29主要通貨レンジ・ピボット



[2010/06/30 06:52] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比-268.22ドルで大引け 

 NYダウは前日比-268.22ドルの9870.30ドルで大引け。NASDAQは前日比-85.47pの
2135.18p、S&Pは前日比-33.33pの1041.24pで取引終了。

USDJPY:88.56-58
EURUSD:1.2189-91
EURJPY:107.93-96



[2010/06/30 05:19] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ下げ幅拡大でユーロドルはまたもや1.22割れ 

 NYダウが再び下げ幅を拡大していることで、ユーロドルはまたまた1.22台を割り込む
動きに。ドル円も下げ再開。

USDJPY:88.43-45
EURUSD:1.2198-00
EURJPY:107.87-90

NYダウ:9852.70 -285.82



[2010/06/30 04:28] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは1.22台回復も上値は重い 

 お早うございます。ユーロドルは三度1.22台を回復も、NYダウが200ドル超の下げ
となっていることもあって上値の重い状況は変わらず。

USDJPY:88.51-53
EURUSD:1.2209-11
EURJPY:108.08-11

NYダウ:9894.49 -242.14



[2010/06/30 03:54] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

予想を下回る米経済指標&NYダウ200ドル超の下落を受け円買い再び強まる 

 予想を下回る6月の米・消費者信頼感指数やNYダウの200ドル超の下落を受け、
再び円買い・ドル買いが強まっており、ドル円は88.29まで下落し、ユーロ円は107.34
まで下落。ユーロドルもOP=1.2157を達成し1.2152まで下値を拡大。

USDJPY:88.30-32
EURUSD:1.2154-56
EURJPY:107.32-35

NYダウ:9855.57 -281.97



[2010/06/29 23:30] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/06/29 Part2 

6月消費者信頼感指数:52.9(予想:62.5)



[2010/06/29 23:00] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/06/29 

4月S&P/ケースシラー住宅価格(前年比):3.81%(予想:3.4%)



[2010/06/29 22:00] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドルは一応下げ止まっているものの、既に1.2200付近が重くなっている感じ 

 ユーロドルは1.2176の安値示現後は何とか下げ止まってはいるものの、既に1.2200付近が
重くなっている感じ。1時間足を見ても、Stochasticsが買いサインを点灯していることから、多少の
反発は見込めるかもしれませんが、トレンド・スイングが下向きのままで、先行させた基準線や
21時間移動平均足を下回った状態が続いており、リスクは下向きで変わらず。

USDJPY:88.82-84
EURUSD:1.2196-98
EURJPY:108.34-37



[2010/06/29 21:19] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円、ユーロドル共に1時間足ベースではリスクは下向き 

 20:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンドは下向きであるものの、スイン
グが上向きとなっており、方向が一致していません。Stochasticsが買いサインを点
灯していることから、目先はもう一段反発する可能性があるものの、MACDが売りサ
インを点灯し、先行させた基準線を下回っていることや21時間移動平均足が陰線で、
これを下回っていることから、1時間足ベースでは引き続きドルは上値の重い展開に
なると思われます。

1時間足ベースの目標値は

COP=89.12(達成済)
OP=88.59(達成済)
XOP=87.73

で変わらず、この目標値はトレンド転換するまで有効。20:00時点での1時間足ベー
スのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは89.47超え。

 一方、ユーロドルは、トレンド・スイング共に下向きで、且つ先行させた基準線
を下回っています。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯し、21時間移動平均
足が陰線で、これを下回っていることから1時間足ベースではユーロは上値の重い展
開になると思われます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.2208(達成済)
OP=1.2157
XOP=1.2075

となり、この目標値は1.2347を上回るか、トレンド転換するまで有効。20:00時点で
の1時間足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.2398超え。



[2010/06/29 20:00] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロ売り一服で再び1.22台を回復 

 ユーロ売りは一服。ユーロドルは再び1.22台を回復。ただ、既に1.22台半ばには
戻り売りのオーダーが並び始めている中で、どこまでユーロが値を戻せるかは不透明。
ドル円は88.53まで下落後はショートカバーが優勢となっており、88.83まで反発。

USDJPY:88.83-85
EURUSD:1.2199-01
EURJPY:108.35-38



[2010/06/29 19:18] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.2176まで下落後1.2208まで反発も再び1.22割れ 

 ユーロドルは東京市場引け後に1.2176まで下値を拡大後、NYダウ先物や欧州株式市場
の下げ渋りを受け1.2208まで反発したものの、ファンド筋の売り意欲も強く、再び1.22割れ。

USDJPY:88.75-77
EURUSD:1.2185-87
EURJPY:108.11-14



[2010/06/29 18:25] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル、1.2209を割り込み日足ベースでトレンド転換&売りサイン点灯 

 東京市場引け後のロンドン市場でユーロドルは更に下値を拡大。1.2209を割り込んだ
ことで、日足ベースでトレンド転換&売りサイン点灯となり、1.2178まで下落。

USDJPY:88.59-61
EURUSD:1.2188-90
EURJPY:107.99-02



[2010/06/29 17:29] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

円全面高&ユーロ全面安=午後の東京市場 

 本日午後の東京市場は、米10年債利回りが3%を割り込んだことや、上海総合株価指数
が4%超の下落となったことから円が全面高となると同時に、ドバイの金融不安再燃にユーロ
が全面安の展開となりました。ドル円は89.56まで下落し、ユーロ円は108.22まで下落。また、
ユーロドルは1.2214まで下落。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20100629pm



[2010/06/29 17:12] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)