週末のポジション調整? 

 米経済指標に対する目だった反応はなかったものの、ここに来てロンドン市場で
上昇したドル円・ユーロドル・ユーロ円に短期筋の利食い売りが出ているのか、弱含み
となっています。ユーロドルやユーロ円はそうでもありませんが、ドル円の1時間足では
急速に先行させた基準線に接近しており、これを下抜くようなことがあれば、急落の可能性
も出てくるので一応注意が必要か。

USDJPY:94.03-05
EURUSD:1.3305-07
EURJPY:125.09-12
GBPUSD:1.5270-74
GBPJPY:143.55-60



[2010/04/30 23:13] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/04/30 Part3 

4月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値):72.2(予想:71.0)



[2010/04/30 22:55] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/04/30 Part2 

4月シカゴ購買部協会景気指数:63.8(予想:60.0)



[2010/04/30 22:45] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標第一弾に対する反応は限定的 

 本日の米経済指標第一弾に対する反応は限定的。GDPが僅かながら予想を下回った
ことで、ドル円に利食い売りが出た程度で目だった動きはなし。ドル円についても20pips
程度の下押しに留まっており、拍子抜け。って書いてる間にユーロドルが本日の高値を
更新。

USDJPY:94.32-34
EURUSD:1.3330-32
EURJPY:125.74-77
GBPUSD:1.5318-22
GBPJPY:144.49-54



[2010/04/30 22:14] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

米経済指標2010/04/30 

第1四半期GDP(年率/速報値):3.2%(予想:3.3%)
第1四半期個人消費(速報値):3.6%(予想:3.3%)
第1四半期GDP価格指数(速報値):0.9%(予想:0.9%)
第1四半期コアPCE(速報値):0.6%(予想:0.5%)
第1四半期雇用コスト指数:0.6%(予想:0.5%)



[2010/04/30 21:30] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

1.34台回復を目指す展開? 

 20:00時点の1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向きで、且
つ先行させた基準線を上回っています。MACD・Stochasticsが共に買いサインを点灯
し、21時間移動平均足が陽線でこれを上回っていることから、1時間足ベースでは、
ユーロは堅調に推移するものと思われます。

1時間足ベースの目標値は

COP=1.3362
OP=1.3404
XOP=1.3473

となり、この目標値は1.3266を下回るかトレンド転換するまで有効。20:00時点での
1時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.3224割れ。

eurusd hourly 201004302000 eurusd hourly heikinashima 201004302000 eurusd hourly macd&stochastics 201004302000



[2010/04/30 20:04] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロドル1.3333まで上昇 

 ドイツ財務省の報道官は国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)とのギリシャ支援に関する協議
は週末に合意に達すると見込んでいるとの認識を示したとの 一部通信社の報道でユーロドルは
1.3333まで上昇。

USDJPY:94.42-44
EURUSD:1.3328-30
EURJPY:125.87-90
GBPUSD:1.5360-64
GBPJPY:145.02-07



[2010/04/30 18:53] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

また民主党のマニフェストを材料に円売り 

 今晩は。民主党の参議院議員選挙に向けたマニフェストに「為替が適正な水準を保つよう
金融政策その他の方法により最大限努力する」と文言が盛り込まれる方向となったとの一部
報道を受け円が全面安に。ドル円は94.47、ユーロ円は125.78まで上昇。

USDJPY:94.42-44
EURUSD:1.3311-13
EURJPY:125.66-69
GBPUSD:1.5357-61
GBPJPY:144.96-01



[2010/04/30 18:29] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

欧州勢参入でユーロ買い優勢に=午後の東京市場 

 本日午後の東京市場は、独ハンデルスブラット紙で「政府が国内銀行に対してギリシャ
財政健全化計画提出後にギリシャ債購入を拡大するよう要請した」との報道を材料に
欧州勢がユーロ買いで参入し、ユーロドルは1.3309、ユーロ円は125.29まで上昇。
ドル円もユーロ円の上昇に連れ高となり94.21まで上昇。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のディールの参考にして下さい。

originalpivot20100430pm



[2010/04/30 17:16] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

白川日銀総裁会見2010/04/30 

現時点で追加緩和が必要とは考えていない
日本経済、持続的な物価下落からの脱却に向けて着実に歩を進めている
成長基盤強化の取り組み検討、98-99年の臨時貸出制度は参考になる
マクロ的需給バランス悪化の背景、日本経済に対する成長期待の低下がある
成長基盤強化の取り組み、資金の量を意識したものではない
成長率の上振れは時間をかけて物価に影響
新型オペ、短期市場は縮小し金融機関の利ざや縮小するなどマイナスも
経済安定に応じた公的債務削減努力しないと財政の信認確保できない
先行きの政策は2本柱に基づいて点検し、予断を持ってはいない
国際金融市場全体として不安定になる情況ではない
成長基盤強化の取り組み、日銀の通常のオーソドックスな業務ではない
成長基盤強化の取り組み、政府からの要請はなかった
成長基盤強化の取り組み、なるべく早く結論出したいが1-2週間で回答は出ない



[2010/04/30 16:35] 要人発言 | トラックバック(-) | コメント(-)

独紙報道を材料視? 

 「ドイツ、国内銀行に対しギリシャ財政健全化計画提出後にギリシャ債への投資拡大要請へ」
との独紙報道が材料視されているのか、ユーロドルは1.3290まで上値を拡大。

USDJPY:94.16-18
EURUSD:1.3289-91
EURJPY:125.12-15
GBPUSD:1.5364-68
GBPJPY:144.60-65



[2010/04/30 16:09] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

欧州勢参入でユーロドルは本日の高値を更新 

 欧州勢の参入に伴いユーロ買いが優勢となっており、ユーロドルは1.3269まで上昇
し本日の高値を更新。ユーロ円も124.76まで上昇し、本日の高値を更新しています。
ドル円は94.00付近での小動き。

USDJPY:94.02-04
EURUSD:1.3261-63
EURJPY:124.72-75
GBPUSD:1.5368-72
GBPJPY:144.50-55



[2010/04/30 15:43] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

日銀展望レポート2010/04/30 

2011年度コアCPI見通し中央値は前年比+0.1%
2010年度コアCPI見通し中央値は前年比-0.5%

10年度実質 GDP見通し中央値は前年比+1.8%
11年度実質GDP見通し中央値は前年比+2.0%

2010年度コアCPI見通しは高校無償化の影響を除去
高校無償化はコアCPIの前年比を0.5%程度押し下げると試算

消費者物価指数の前年比は下落幅が縮小し、2011年度中にはプラス領域に入る可能性
長期金利の大幅な変動など市場への悪影響を通じて実体経済が下押しされるリスクある
2010年度から11年度を展望すると、日本経済は回復傾向をたどるとみられる
2010年度の成長率は潜在成長率を上回ると見込まれ、11年度にはさらに高まる見通し
金融政策運営に当たっては、極めて緩和的な金融環境を維持していく
デフレから脱却し、物価安定の下での持続的成長経路に復帰することが極めて重要



[2010/04/30 15:09] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

日銀展望レポートや白川日銀総裁の会見待ちで小動き 

 日銀金融政策決定会合では全員一致で政策金利の現状維持を決定したものの、
日銀展望レポートや白川日銀総裁の会見待ちってことで、マーケットは小動き。

USDJPY:94.02-04
EURUSD:1.3242-44
EURJPY:124.51-54
GBPUSD:1.5326-30
GBPJPY:144.11-16



[2010/04/30 14:44] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

日銀金融政策決定会合2010/04/30 

日銀は政策金利を0.10%に据え置くことを決定

政策金利の現状維持を全会一致で決定
民間金融機関による取り組みを資金供給面から支援する方法について検討を指示
成長基盤の強化に資する新たな取り組みを行うことが必要との考えを共有
成長基盤の強化を図ることが必要との認識を確認
デフレから脱却し、物価安定のもとでの持続的成長経路に復帰することが極めて重要な課題
金融政策運営にあたり、極めて緩和的な金融環境を維持していく



[2010/04/30 13:19] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

実需の売り買いでドル円はレンジ内での揉み合い=午前の東京市場 

 本日午前の東京市場は、GWの谷間で実需の売買が一巡後は小動きに。ドル円は
本邦輸出の企業の売りに93.89まで下押した後、今度は本邦輸入企業の買いに94.19
まで上昇。売買一巡後は、94.10付近での小動きに。ユーロドルは1.3223まで下落した
後、1.3266まで上昇したものの、戻り売りに押されて1.3226まで押し戻され、往って来い
の展開。ユーロ円も124.33まで下押した後124.73まで上昇したものの、その後は伸び
悩む展開。

USDJPY:94.08-10
EURUSD:1.3237-39
EURJPY:124.54-57
GBPUSD:1.5337-41
GBPJPY:144.28-33



[2010/04/30 12:09] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

GWの谷間で方向感なく小動き 

 ドル円は本邦輸出の売りに93.89まで下落後、輸入の買いに94.16まで上昇。ユーロ
ドルは1.3223まで下押した後1.3266まで上昇も、上値での戻り売りに1.3226まで反落
し、結局往って来いの展開。

USDJPY:94.15-17
EURUSD:1.3227-29
EURJPY:124.54-57
GBPUSD:1.5319-23
GBPJPY:144.23-28



[2010/04/30 11:10] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円94.14まで反発 

 ドル円は本邦輸出の売りに93.89まで下落したものの、下値では輸入の買いが
入ったのか94.14まで反発。只、週末・月末の5・10日の割には仲値不足も大した
ことはなかったって印象。

USDJPY:94.074-09
EURUSD:1.3245-47
EURJPY:124.60-63
GBPUSD:1.5332-36
GBPJPY:144.21-26



[2010/04/30 10:11] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

レンジ内での推移か 

 9:00時点の1時間足を見るとドル円はトレンド・スイング共に下向きとなっていま
す。MACD・Stochasticsが共に売りサインを点灯しており、1時間足ベースではドル
の上値は重いとものの、先行させた基準線を上回っており、21時間移動平均足が陽
線でサポートとなっていることから下値は極めて限定的であると思われます。93.75
-94.25のレンジ内での推移を想定。

usdjpy hourly 201004300900 usdjpy hourly heikinashima 201004300900 usdjpy hourly macd&stochastics 201004300900



[2010/04/30 09:10] 短期ディール | トラックバック(-) | コメント(-)

本邦経済指標2010/04/30 

3月全世帯家計調査 消費支出(前年比):4.4%(予想:0.7%)
3月失業率:5.0%(予想:4.9%)
3月有効求人倍率:0.49(予想:0.48)

4月東京消費者物価指数(前年比):-1.5%(予想:-2.1%)
4月東京消費者物価指数(除生鮮 /前年比):-1.9%(予想:-2.1%)

3月全国消費者物価指数(前年比):-1.1%(予想:-1.1%)
3月全国消費者物価指数(除生鮮/前年比):-1.2%(予想:-1.2%)



[2010/04/30 08:36] 指標 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/04/29の海外市場のレンジを基にしたピボット 

7:55現在

USDJPY:94.01-03
EURUSD:1.3262-64
EURJPY:124.69-72
GBPUSD:1.5354-58
GBPJPY:144.35-40

と前日のNY Closeに比べユーロ高水準で推移中。本日の東京市場は月末・週末・5・10日
ってことで、ドル円は底堅い動きになるのではとの声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップして
おきますので、興味のある方は東京市場でのディールの参考にして下さい。

originalpivot20100430am



[2010/04/30 07:59] ピボットポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

FT紙報道に反応? 

 FT紙が、「ギリシャは240億ユーロの緊縮計画 (austerity package)に合意」と報じた
ことに反応したのかユーロ買いが優勢。ユーロドルは1.3259まで上昇し、ユーロ円も
124.72まで上昇。

USDJPY:94.04-06
EURUSD:1.3252-54
EURJPY:124.63-66
GBPUSD:1.5357-61
GBPJPY:144.40-45



[2010/04/30 07:46] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証2010/04/30 

前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20100430



[2010/04/30 06:48] システムトレード | トラックバック(-) | コメント(-)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版2010/04/30 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かると
いう保証はありませんので悪しからず。

dinapoli20100430



[2010/04/30 06:39] トレードポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

10/04/29主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日のロンドン市場は、ギリシャ協議が近いうち
にまとまるとの噂が流れたことでリスク回避の動きが後退し、ユーロ買いが優勢と
なり、ユーロドルはストップを巻き込み1.3279まで上昇。ユーロ円も124.89まで上
昇。ドル円は対ユーロでの円売りとドル売りに挟まれ94.00挟みで小動き。
 NY市場に入りドル円は欧州信用不安緩和を背景に93.96から94.27まで上昇したも
のの、米債利回りの低下に94.00まで反落。ユーロドルは1.3271から1.3209まで下落
後はレンジ内での揉み合いに終始。ユーロ円は124.37から124.89まで上昇後は、シ
ョイブレ独財務相が「ギリシャ救済についての決定がポジティブなものになるか依
然明確でない」と述べたこともあって124.39まで反落し、往って来いの展開。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にして下さい。

10/04/29主要通貨レンジ・ピボット



[2010/04/30 06:38] レンジ・テクニカルポイント | トラックバック(-) | コメント(-)

NYダウ、前日比+122.05ドルで大引け 

 NYダウは前日比+122.05ドルの11167.32ドルで大引け。NASDAQは前日比+40.19pの
2511.92p、S&Pは前日比+15.41pの1206.77pで取引終了。

USDJPY:94.08-10
EURUSD:1.3229-31
EURJPY:124.46-49
GBPUSD:1.5318-22
GBPJPY:144.12-17



[2010/04/30 05:13] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

レンジ内での往来相場 

 午後のNY市場は方向感に乏しいレンジ内での往来相場が続いています。ドル円は
94.27まで上昇する場面も見られたものの、米債利回りの低下が重石となり買いは
続かず、その後はじり安推移。ユーロドルは1.3210から1.3265のレンジ内での推移。

USDJPY:94.07-09
EURUSD:1.3241-43
EURJPY:124.57-60
GBPUSD:1.5321-25
GBPJPY:144.13-18




[2010/04/30 04:59] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

方向感に乏しい展開 

 お早うございます。NY市場は方向感に乏しい往来相場となっています。

USDJPY:94.02-04
EURUSD:1.3249-51
EURJPY:124.58-61
GBPUSD:1.5330-34
GBPJPY:144.18-23



[2010/04/30 03:54] 市況 | トラックバック(-) | コメント(-)

株価上昇にもかかわらずユーロの上値は重い 

 NYダウは67ドル高で推移するなど堅調。にも拘らずユーロの上値は重く、ユーロドル
は1.3210付近まで反落。只、一気に下値を攻めるって感じでもなく、結局はレンジ内で
上下動を繰り返しているだけのような気がする。

USDJPY:94.22-24
EURUSD:1.3222-24
EURJPY:124.58-61
GBPUSD:1.5232-36
GBPJPY:143.52-57



[2010/04/29 23:07] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)

反応薄・・・ 

 新規失業保険申請件数が予想より若干悪かったってことで、ほんの気持ち程度
円が買われているものの、ほとんど反応なし。

USDJPY:94.00-02
EURUSD:1.3259-61
EURJPY:124.62-65
GBPUSD:1.5261-65
GBPJPY:143.46-51



[2010/04/29 21:46] 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-)