09/02/27主要通貨日足レンジと09/03/02のテクニカルポイント 

 こんにちは。今日は朝からカットに行ってきたのですが、非常に混み合っていて、
10時過ぎに美容室に入って、カットが終わって店を出たのが13時前。そんな訳で、
いつもより遅い時間に更新しています。

 昨日の海外市場は、欧州通貨売りが優勢な地合いで取引が始まり、ユーロドルは
1.2704から1.2629、ユーロ円が124.33から123.00まで下落。ドル円はユーロ円の
下落に連動する形で97.88から97.12まで下落しました。その後は一旦下げ止まり、
揉み合いとなっていましたが、米第4四半期GDP改定値の下方修正が予想より大幅
なもになったこや、米シティグループが事実上政府管理下に置かれることが報じられた
ことを嫌気したダウ先物の下落などから再びクロス円の売りが優勢となり、ユーロ円は
122.10まで下落し、ドル円も96.85まで下落。その後はロンドン・フィキシングに向けた
ドル買いが出たことで、ドル円は98.19まで反発し、ユーロ円も124.71まで反発。ただ、
ロンドン・フィイシングに絡んだ買いが一巡すると、ドル円・ユーロ円共に伸び悩む展開
にドル円は97円台、ユーロは123円台に押し戻されて揉み合いとなりました。ユーロドル
は、ロンドン・フィキシングにかけて買い戻しが優勢となり、1.2738まで反発したものの、
フィキシングに絡んだ買いが一巡すると1.26台後半に押し戻され取引を終了。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと週明けのピボットポイントをアップしておきます
ので、週末の分析にお役立て下さい。

09/02/27主要通貨レンジ・ピボットポイント



がっかりだよ 

 ドル円は結局96.85で下げ止まり、一時98円台を回復。せめて96円台前半ぐらい
までは押してくれるかなぁっていう淡い期待はもろくも崩れ去りました。後は、ついたら
ラッキーってぐらいの指し値をして寝ます。

00:50現在

USDJPY:97.99-01
EURUSD:1.2721-23
EURJPY:124.66-69



[2009/02/28 00:50] 雑感 | TB(0) | CM(0)

米経済指標20090227part2 

2月シカゴ購買部協会景気指数:34.2(予想:33.0)
2月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値):56.3(予想:56.0)

珍しく予想よりはいい結果。これを受けドル円97.79処まで反発。

23:57現在

USDJPY:97.70-72
EURUSD:1.2647-49
EURJPY:123.59-62



[2009/02/27 23:57] 指標 | TB(0) | CM(0)

97円割れもすぐに97円台回復 

 第4四半期GDP改定値の発表を受け、97円台を割り込んだドル円ですが、
下値での買い意欲は衰えずってことのようで、すぐに97円台を回復。現在は
97円台半ば付近での推移。後調整が入るとしたら、ロンドン・フィキシング後
かなぁ。でも、調整が入ってもNY Close前には引け値操作的な買いがどうせ
入るんでしょうが・・・。

23:26現在

USDJPY:97.40-42
EURUSD:1.2643-45
EURJPY:123.15-18



[2009/02/27 23:26] 雑感 | TB(0) | CM(0)

ドル円97円割れ 

 ドル円96.85-87レベルまで下落。クロス円も総崩れで、週末のポジション調整に
円全面高。

22:38現在

USDJPY:96.93-95
EURUSD:1.2617-19
EURJPY:122.31-34



[2009/02/27 22:38] 雑感 | TB(0) | CM(0)

米経済指標20090227 

GDP-4Q(改定値):-6.2%(予想:-5.4%)

個人消費-4Q(改定値):-4.3%(予想:-3.7%)
GDP価格指数-4Q(改定値):0.5%(予想:-0.1%)

GDP改定値予想よりかなり悪いが、今日も結果は無視されるのか?

22:32現在

USDJPY:97.35-37
EURUSD:1.2623-25
EURJPY:122.77-80



[2009/02/27 22:32] 指標 | TB(0) | CM(0)

なんか中途半端だなぁ(嘆) 

 久しぶりに弱含んだなぁって感じたドル円ですが、今のところ安値は97.12と
97円割れはならず。まさか、この程度で調整終了?100円を目指すなら、ここらで
一旦きっちりと調整しておく必要があると思うんだけどなぁ・・・。こんな中途半端な
下押しじゃ、100円に乗せるまでに伸びきったゴム状態になってそのまま急落って
ことになるかも・・・なんて妄想している今日この頃。

21:40現在

USDJPY:97.46-48
EURUSD:1.2660-62
EURJPY:123.42-45



[2009/02/27 21:40] 雑感 | TB(0) | CM(0)

ドル円は一応下げ止まりも、ユーロは対ドルで軟調 

 ロンドン・フィキシングでユーロ売りが出るって思惑でユーロは売りが優勢
って話だそうですが、一旦下げ止まったかに見えたユーロドルは、戻りも鈍く、
地合は弱いままって感じで推移。一方ドル円は、97.12で下げ止まった感じ。
この後米経済指標が目白押しですが、今夜もドル円にとっては米経済指標
なんて関係ねぇ~って動きになるんでしょうか・・・。

21:00現在

USDJPY:97.67-69
EURUSD:1.2654-56
EURJPY:123.59-62



[2009/02/27 21:00] 雑感 | TB(0) | CM(0)

週末要因から(?)ポジション調整の円買い 

 今晩は。先ほど帰宅しました。それでは、早速本日の相場です。本日の東京市場は、
本邦輸出企業や機関投資家に加えて、一部の噂では米大物投資家(ソロス?)の利食い
など、円買いが全般的に優勢な展開となりました。ドル円は、98.61からじり安推移となり、
97.32と昨日の安値と面合わせ。ユーロ円も、125.55から123.72まで下落する展開となり、
ユーロドルは1.2687から1.2751まで反発後、1.27台前半まで再び下落しました。

 東京引け後ここまでは、欧州通貨が軟調な展開となり、ユーロドルは1.2704から
1.2629、ユーロ円が124.33から123.00まで下落。ドル円はユーロ円の下落に連動
する形で97.88から97.12まで下落する展開となっています。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく、主要3通貨ペアのピボットポイントを
アップしておきますので、興味ある方は夜間のトレードの参考にして下さい。

originalpivot20090227pm



[2009/02/27 19:29] 市況 | TB(0) | CM(0)

絶妙なところでとまっちゃた? 

 ドル円相場は、97.32で一応下げ止まった形になっています。1時間足の雲の
上限&昨日の安値っていかいにもってポイントで止まっちゃいました。

 ただ、今週は既に安値から約6円上昇していることから、海外市場でもポジション
調整に上値は限定的になるんじゃないかって気がします。

15:13現在

USDJPY:97.70-72
EURUSD:1.2730-32
EURJPY:124.37-40



[2009/02/27 15:13] 雑感 | TB(0) | CM(0)

久々に円買い優勢 

 本日午前の東京市場は、週末要因もあり、短期筋の利食いや本邦輸出企業、機関投資家
からドル円・クロス円下落する展開となりました。ドル円は98.61から97.43まで下落し、ユーロ
円も125.55から123.86まで下落する展開。ユーロドルは、1.2746から1.2687まで下落。
 一部にドル円に米系大物投資家(ソロス?)が利益確定の売りが出たとの噂があり、本日は
終日上値の重い展開になるかもしれません。

12:14現在

USDJPY:97.47-49
EURUSD:1.2722-24
EURJPY:124.01-04



[2009/02/27 12:14] 市況 | TB(0) | CM(0)

クロス円主導で円買い 

 本邦雇用統計や消費者物価指数が予想より強い結果となったことをきっかけに、
クロス円での利食い売りが先行する展開に、ドル円も追随。ドル円は97.70処、
ユーロ円は124.09処まで下落。

10:05現在

USDJPY:97.84-86
EURUSD:1.2706-08
EURJPY:124.30-33



[2009/02/27 10:05] 雑感 | TB(0) | CM(0)

09/02/26の海外市場のレンジを基にしたピボットポイント 

8:09現在

USDJPY:98.39-41
EURUSD:1.2727-29
EURJPY:125.23-26

と前日のNY Closeに比べてほんの気持ち程度円高水準で推移中。チャート的には
ドル円のトレンドは↑で変わらずだが、やはりピボットの21日EMAとの乖離が気になる。
積極的にショートを振る場面ではないが、ロングもそろそろ反落に対する警戒も必要か。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は、デイトレの参考にして下さい。

originalpivot20090227am



[2009/02/27 08:17] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディングシステム検証20090227 

前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20090227



[2009/02/27 07:52] システムトレード | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibinacci売買法デイトレ版20090227 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20090227



[2009/02/27 07:34] トレードポイント | TB(0) | CM(0)

09/02/26の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 

 改めましてお早うございます。昨日の海外市場は、欧州通貨の買いが優勢な
地合で取引が始まり、対ドルでの欧州通貨買いに連動する形でドル円も97.96
から96.66まで小緩む場面も。ただ、クロス円の上昇もあり、下値は限定的で
狭いレンジ内での揉み合いとなりました。ユーロドルは1.2709から1.2788まで
堅調に推移。
 NY市場オープン後発表された1月の耐久財受注や新規失業保険申請件数が
予想より悪い結果となったことを受け、ユーロドルは1.2811処を示現したものの、
買いは続かず、利食い売りもあり、その後は1.27台でのレンジ相場となりました。
ドル円は、指標発表前に98円台に乗せたものの、相場に勢いは付かず、97円台
に押し戻されるなど、そろそろ調整売りか?と思われたものの、ロンドンフィキシング
にかけて再びドル買いが優勢となり、98.72の高値を示現。ユーロ円も126.09を
示現し、結局円が全面安の展開で取引を終えました。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にして下さい。

09/02/26主要通貨レンジ・ピボット



まだ落ちないドル円 

 お早うございます。ドル円は98円付近でもたついてましたが、結局NY勢が
本格的に参入してきた後に98.70処まで上昇し、現在も98円台での推移と
なっています。これで、今週の安値からほぼ6円上昇したことになり、依然として
ピボットの21日EMAと著しく乖離しています。もうそろそろ調整がはいるんじゃ
ないか、もう売ってもいいんじゃないかって悪魔の囁きに負けそう。でも、EMA
との乖離を除けば、チャート的にはドル売りは自殺行為って気もする。実に悩ましい。

5:54現在

USDJPY:98.35-37
EURUSD:1.2743-45
EURJPY:125.34-37



[2009/02/27 05:54] 雑感 | TB(0) | CM(0)

米経済指標20090226 

耐久財受注-1月:-5.2%(-2.5%)
耐久財受注-1月(除輸送用機器):-2.5%(-2.2%)

新規失業保険申請件数:66.7万件(62.5万件)

予想よりかなり悪い結果。これを受け、ドル円は若干売り優勢。

22:32現在

USDJPY:97.84-86
EURUSD:1.2759-61
EURJPY:124.83-86



[2009/02/26 22:32] 指標 | TB(0) | CM(0)

オプションのカットオフタイムはまだですが 

 ドル円ついに動意付いてきました?98.20まで上昇。本当に今日オプションの
満期ならカットオフタイムまであと1時間あるんですが。オプションの噂はガセ?

22:06現在

USDJPY:98.05-07
EURUSD:1.2796-98
EURJPY:125.45-48



[2009/02/26 22:06] 雑感 | TB(0) | CM(0)

ここ2日の上げ方と今日はちょっと違う? 

 ドル円は、またもや高値を更新し98.02を示現した模様。ただ、今日は高値を更新
しても、全然相場に勢いがつかず、一昨日・昨日とは感じが違う。オプションの防戦
売りってゆーかガンマプレーもあるのかもしれませんが、ピボットの21日EMAとの乖離
が大きすぎることも影響していて、ロング筋もいつババを掴まされるかわからず、こわごわ
買っているって気がします。ってことで、ついたらラッキーぐらいな指し値を出してる私。

21:16現在

USDJPY:97.90-92
EURUSD:1.2775-77
EURJPY:125.08-11



[2009/02/26 21:16] 雑感 | TB(0) | CM(0)

98円台に2度乗せるも相場は走らず 

 ドル円は98.01まで上昇するも、相場の方は走らず肩透しを食ったような気分。
東京市場で流れていた98.00ストライク・プライスのオプションが本日行使期限
って噂は本当かも・・・。ガンマプレーで相場の動きが98.00付近に収斂している
ように見えるのは私だけ?

20:22現在

USDJPY:97.98-00
EURUSD:1.2755-57
EURJPY:124.97-00



[2009/02/26 20:22] 雑感 | TB(0) | CM(0)

98円の攻防 

 今晩は。先ほど帰宅しました。それでは、相場です。本日の東京市場は、
短期筋の利食いにやや円の買戻しが入る場面も見られたものの、断続的な
円売りにドル円・クロス円は底堅く推移しました。ドル円は、97.32まで小幅下落
する場面が見られたものの、下値での買い意欲は依然衰えず、米系・英系筋の
断続的な買いに97.98まで上昇しました。ただ、98.00をストライク・プライスと
するオプションが本日満期との観測もあり、98円台乗せはならず。ユーロ円も、
123.82まで小緩んだ後、124.88まで堅調に推移。ユーロドルは、1.2710から
1.2762まで上昇後、ペール元独連銀総裁の「ユーロには重圧がのしかかっており、
重債務国がユーロから離脱せざるを得なくなる可能性」「離脱した国は市場の信認を
失い、為替相場は50-60%下落する可能性」との発言を受け、1.2682まで反落しました。

 東京市場引け後ここまでは、一旦調整のドル売りが優勢になり、ドル円は97.96から
97.66まで下落した後97.90台に反発し、124.36から125.18処まで堅調に推移。
ユーロドルは、1.2709から1.2787まで堅調に推移しています。

 それでは、本日の東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は夜間のトレードの参考にして下さい。

originalpivot20090226pm



[2009/02/26 19:23] 市況 | TB(0) | CM(0)

つきそうでつかない98.00 

 ドル円は、なかなか98.00がつきそうでつきませんね。噂では98.00をストライク
プラストとするオプションが本日満期らしいので、これがエクスパイアーするまで
はまたもや、ガンマプレーで膠着するのかも・・・。でも、エクスパイヤーした後は、
上へ跳ねる?

16:18現在

USDJPY:97.81-83
EURUSD:1.2725-27
EURJPY:124.46-49



[2009/02/26 16:18] 雑感 | TB(0) | CM(0)

PCの調子がおかしくて相場を見れません(泣) 

 ドル円は、97.98と98円に肉薄したものの、本邦輸出企業の売りが上値を
抑えた模様で、一旦97.70割れの水準まで小緩んでいます。ってもっとも
らしいことを書いていますが、今日は朝からPCの調子が悪く、再起動を繰り返す
こと50回。ほとんど相場を見れてません。取りあえず、もっと下押ししてくれないと、
買うに買えません。

15:12現在

USDJPY:97.71-73
EURUSD:1.2707-09
EURJPY:124.17-20



[2009/02/26 15:11] 雑感 | TB(0) | CM(0)

断続的な円売りにドル円はまたまた年初来高値を更新 

 本日午前の東京市場は、短期筋の利食いにやや円の買戻しが入る場面も
見られたものの、断続的な円売りに円は全面安の展開となりました。

 ドル円は、短期筋の利食いに97.32まで小幅下落する場面が見られたものの、
下値での買い意欲は依然衰えず、米系・英系筋の断続的な買いに97.88まで
上昇。バーナンキFRB議長が、株価対策として空売りの最低価格規制の復活に
言及したことが材料視されたとの声も聞かれた模様。ユーロ円123.82まで小緩んだ
後124.88まで上昇。ユーロドルは、1.2710から1.2762まで強含みとなった後は
伸び悩む展開となりました。

12:22現在

USDJPY:97.73-75
EURUSD:1.2733-35
EURJPY:124.48-51



[2009/02/26 12:22] 市況 | TB(0) | CM(0)

ドル円さらに上昇 

 ドル円は97.87まで上昇。バーナンキFRB議長が、空売りの最低価格を規制する
ルールを復活させればプラスの効果が生じる可能性があるとの認識を示したこと、
FT紙がAIGの会社分割と600億ドルの借金の一部帳消しに関して報じたことが
材料視されている模様。

10:27現在

USDJPY:97.81-83
EURUSD:1.2752-54
EURJPY:124.74-77



[2009/02/26 10:27] 雑感 | TB(0) | CM(0)

移動平均との乖離が気になるが、ドル円は強含み 

 ここまでのドル円は、日経平均が軟調に推移していることもあり、97.32から
97.63まで小幅ながら堅調に推移しています。98円台では本邦輸出の売りが
観測されている模様で、今のところ積極的に上値を追う気配は感じられない
ものの、2日続けてランチタイムにかけてドル円が上昇しているので、この
時間帯には要注意?

10:00現在

USDJPY:97.58-60
EURUSD:1.2743-45
EURJPY:124.35-38



[2009/02/26 10:00] 雑感 | TB(0) | CM(0)

09/02/25の海外市場のレンジを基にしたピボットポイント 

8:15現在

USDJPY:97.54-56
EURUSD:1.2712-14
EURJPY:123.98-01

と前日のNY Closeとほぼ同水準での小動きとなっています。強いて言えば、若干
円安気味かなぁって程度。米民主党首脳がオバマ大統領に「日本の円安望む声に
応じないよう圧力要請」とのニュースが流れており、雰囲気的には本日も円売りが
優勢な展開を予想するとの声が市場参加者から聞かれている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントを
アップしておきますので、興味のある方はデイトレの参考にして下さい。

originalpivot20090226am



[2009/02/26 08:24] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディングシステム検証20090226 

前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20090226



[2009/02/26 08:04] 雑感 | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版20090226 

 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20090226



[2009/02/26 07:32] トレードポイント | TB(0) | CM(0)