5/30の主要通貨日足レンジと6/02のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は、週末要因もあってか、狭いレンジ内を
行ったり来たりって感じで取引が始まりました。その後は米・4月個人所得の好結果
を受けてドル買いが優勢となる場面も見られたものの、4ヶ月連続で50割れとなった
米・5月シカゴ購買部協会景気指数や28年来の最低水準に落ちこんだ5月ミシガン
大学消費者信頼感指数を受け、ドル売りに反転。更にはフィッチが金融保証会社CIFG
の財務力格付けをA-からCCCまで11段階引き下げたという発表もドルを圧迫し、ドル円は
105.74から105.34、ユーロドルは1.5493から1.5570まで、ドルは下落。しかし、ドル売りが
一巡すると若干ドルは値を戻して越週となりました。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと週明けのピボットポイントをアップしておきますので、
週末の分析にお役立て下さい。皆さんよい週末を!!

08/05/30主要通貨レンジ・ピボットポイント



ドル円は売り優勢ながら・・ 


 本日の東京市場は、月末の仲値不足、外貨建て投信設定に絡んだドル買いで
ドル円は105.73まで上昇したものの、買い一巡後は本邦輸出の売りが優勢と
なり、105.23まで下落。しかし、4月の独・小売売上高が予想を大きく下回った
ことを材料にユーロドルではドルが買われたため、ドル円の下げも限定的なもの
にとどまったって印象。

 それでは主要3通貨の海外市場向けピボットポイントをアップしておきますので、
興味のある方は参考にして下さい。

originalpivot20080530



[2008/05/30 17:19] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

本邦輸出企業の勝ち? 


 午前中に今日のドル円の超短期予想を書きましたが、あえなく目標値に
到達する前にトレンド転換してしまいました。もっともトレンド転換のポイントを
クリアに下抜けたとは言い難いので、このトレンド転換は騙しの可能性もあり
ますが。

 14:00時点の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に下向きに転換し、
MACD・Stochastics共に売りサインを点灯しています。投信設定に絡むドル買いと
本邦輸出のドル売りのガチンコ勝負は取り敢えず本邦輸出に軍配が上がったのかも。

 ただ、105.73を上方ブレイクするとまたトレンドが転換するので、ここはトレンド
フォローよりストップをきっちり置いた上での逆張りのほうがいいかもね。


usdjpy hourly 200805301400
usdjpy hourly macd&stochastics 200805301400



[2008/05/30 14:13] 雑感 | TB(0) | CM(0)

ドル円超短期予想 


 本日ここまでのドル円は、月末要因の仲値不足もあり、105.46-105.73まで
小じっかりの展開となっています。上値では本邦輸出の売りが観測される一方で、
外貨建投信設定がらみのドル買いも予想されており、売り買い交錯でレンジ内
での揉み合いになるとの声が聞かれています。

 10:30現在の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きとなって
いる一方で、MACDは売りサイン、Stochasticsは買いサインとバラバラなサイン
を点灯しており、イマイチ決め打ちするのは難しいって感じ。

 一応1時間足ベースの上値目標値をDiNapoliのFibonacci売買法で計算すると、

COP=106.35
OP=107.11
XOP=108.34

となり、この目標値は104.65を下回るか、トレンド転換するまで有効となります。
ただ、1時間足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントが105.46と
現状レベルからあまり離れていないので、目標値達成前に失速する可能性は
十分にあるので注意が必要。

usdjpy hourly 200805301030
usdjpy hourly macd&stochastics 200805301030



[2008/05/30 10:41] テクニカル分析 | TB(1) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080530



[2008/05/30 07:45] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200805300700



[2008/05/30 07:06] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080530



[2008/05/30 06:55] トレードポイント | TB(0) | CM(0)

5/29の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は、東京市場終盤の地合いを引き継ぎ、
ドル買いが先行する形で取引が始まりました。

 米・第1四四半期GDP改定値が予想通りだったことで、利食い売りに上げ止まる
かに見えたものの、原油相場の急落とこれを好感したNYダウの上昇に支えられ、
ドル円は105.88、ユーロドルは1.5485処を示現。

 しかし、引けにかけてNYダウが上げ幅を縮小したこともあって、買いも一服すると、
利食い売りに押される形でドルはやや値を下げたものの、下値も堅く高値圏で取引
を終えました。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

08/05/29主要通貨レンジ・ピボットポイント



依然としてユーロドル軟調推移 


 欧州勢の参入とともに下げ足を速めたユーロドルですが、ここまでのところ
反発の兆しは見られません。1.5550にあったストップを無理やりつけにいった
そうですが、1.5545示現後も1.5570台に戻す場面があったものの、何となく
売り遅れた向きの戻り売りが待っているのか、非常に上値が重いって感じ。

 1時間足を見ても、トレンド・スイング共に下向きで、MACD・Stochasticsも
売りサインを点灯しており、本日の東京市場で付けた高値1.5665をクリアに
上抜かない限り、下値リスクに対する警戒は怠れないってところでしょうか。

 因みに、下値目標値は昨日と変わらずで、COP・OPは既に達成済みなので
焦点はXOP=1.5523を達成できるかどうかです。

eurusd hourly 200805292020
eurusd hourly macd&stochastics 200805292020



[2008/05/29 20:23] 雑感 | TB(0) | CM(0)

米系ファンド主導(?)のドル買い 


 本日の東京市場は、前日の海外市場でドルが買われた地合いを引き継ぎ、
堅調なスタートとなりました。その後も日経平均株価が400円超の上昇たなった
ことから、リスク選好的なドル買いが米系ファンド筋から持ち込まれた模様で
ドル円は105.20を示現。ユーロドルはロシア筋の売りもあり、1.5564まで
値を下げる展開に。

 しかし、ドル円について言えば、105円台では本邦輸出企業のドル売りも観測
されており、今のところドルの上値を抑えている模様。

 それでは主要3通貨ペアの海外市場向けピボットポイントをアップしておきます
ので、興味のある方は参考にして下さい。

originalpivot20080529



[2008/05/29 17:22] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

AAAの格付けも今は昔のこと 


 米金融最大手シティグループのアナリストによると、前週までに200億ドルの増資を
完了した米保険最大手AIGが、一段の増資(50-100ドル規模)を必要とするらしい。

 AIGはS&P、ムーディーズ、フィッチと主要格付け3社から軒並み格付けを引き下げられ
ている訳なんですが、今回の増資がAIG本体の資本増強には寄与していないため、同社の
財務内容が悪化して更なる格付けの引下げを受け、それに伴う減収や借り入れコスト上昇で
経営が圧迫される可能性があるとシティグループは見ているそうです。

 AIGのグループ会社で日本で損害保険を扱うAIUは昔、格付けが最上級のAAAであることを
売りにしていましたが、今や並みの損保になり下がった?



[2008/05/29 14:55] 雑感 | TB(0) | CM(0)

キナ臭い噂でドル買い?ってほどでもないか・・ 


 若干ドル円ではドル買いが優勢となっており、仲値不足が大きかったのかなぁ
なんて思っていたんですが、市場に金正日が暗殺されたって噂が流れているらしい。

 無理にこじつければ、北朝鮮の独裁政権崩壊→米国軍事費の削減可能って連想で
ドル買いとなったと考えられないこともありませんが、それにしては値動きが小さすぎ。
やっぱり、仲値不足がやや大きかったってところでしょうかね。

 因みに10:10現在の1時間足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向きで、
且つStchasticsに買いサインが点灯しています。MACDオシレーターも上昇しており、
まぁ短期的にはドルが底堅い動きになりそうな感じ。

usdjpy hourly 200805291010
usdjpy hourly macd&stochastics 200805291010



[2008/05/29 10:19] 雑感 | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080529



[2008/05/29 07:45] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200805290700



[2008/05/29 07:07] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080529



[2008/05/29 06:55] トレードポイント | TB(0) | CM(0)

5/28の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は原油相場の反落を材料にドル買い優勢で
取引が始まりました。その後発表された米4月耐久財受注が予想を上回ったことで
更にドル買いが進み、ドル円は105.32処、ユーロドルは1.5608処を示現。

 しかし、原油が反発してNY株式市場が伸び悩むと、利食い売りも出てドルは
値を下げ揉み合いとなりました。ドル買って、円買わないでユーロ売りって感じ
の相場。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので、
参考にして下さい。

08/05/28主要通貨レンジ・ピボットポイント



原油相場下落でドル買い戻し 


 東京市場引け後の相場は、原油相場の下落を材料にドル買いが優勢となって
います。

 ユーロドルは1.5761とここまでの高値を示現後、一転して売りが優勢となり、
1.5672処まで急反落しています。こういう風に書くといかにも相場が動いたように
感じるかも知れませんが、ただ単にレンジ内を往って来いしただけで、値幅的には
大したことはありません。

 1時間足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に下向きとなっており、MACD
とSignalのデットクロス、ストキャスティクスの売りサイン点灯など現状では上値の
重さを示唆しています。って書いている間に1.5640付近まで下値を拡大中。

 一応DiNapoliのFibonacci売買法で1時間足ベースの下値目標値を計算すると、

COP=1.5670(達成済)
OP=1.5614
XOP=1.5523

となり、この目標値は1.5763を上回るかトレンド転換するまで有効。1時間足ベースの
トレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは1.5761。

eurusd hourly 200805282000
eurusd hourly macd&stochastics 200805282000



[2008/05/28 20:30] 雑感 | TB(0) | CM(0)

午後はドル売りがやや優勢ながらレンジ相場の域を出ず 


 本日午後の東京市場は、日経平均株価の軟調推移、ダブル・ノータッチ・オプション
の防戦売り、アルカイダが24時間以内にビデオで西側諸国に生物化学・核攻撃を
呼びかける、との報道を受けた地政学的リスクが意識されたことから、ややドル売りが
優勢となり、ユーロドルは1.5753、ドル円は103.89を示現しました。

 ただ、米系証券からまとまったクロス円の買いが入ったとかで、ユーロ円が163.74を
示現するなど堅調推移となったことで、ドル円の下値は限定的なものにとどまったって
印象。まぁいずれにしてもレンジ相場の域を出ず、方向感に乏しい展開。

 それでは主要3通貨ペアの海外市場向けピボットポイントをアップしておきますので、
興味のある方は参考にして下さい。

originalpivot20080528



[2008/05/28 17:24] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

いつか見た風景? 


 昨日金の証拠金取引、所謂ロコ・ロンドン金取引を扱う株式会社ベストパートナー
に家宅捜索が入ったことが話題になっているみたいですね。

 容疑は特定商取引法違反(不実の告知、書面の不交付)のようですが、この記事を
見て、思い出すのは外国為替証拠金取引に法規制がかかる前の業者が乱立していた
時代。絶対儲かりますとか言って高齢者をだます手口もそっくり。そういえば私のところ
にも以前勧誘の電話をかけてきた怖いもの知らずの営業マンがいたけど、ぐうの音も
出ないほどにいじめてあげたこともあったなぁ・・・。

 お上も早く、海外先物や金の証拠金取引業者にも不招請勧誘の禁止や最低資本金、
自己資本規制比率など金融商品取引法並みの規制をかければいいのに。




[2008/05/28 14:54] 雑感 | TB(0) | CM(0)

東京市場は相変わらず動きが鈍い 


 本日ここまでのドル円は104.14-32のレンジ内での小動きとなっています。
市場筋の話によると、104.40-60付近にストップが観測されているそうですが、
本日エクスパイアーするダブル・ノータッチ・オプションの片割れが104.50に
あるため、防戦売りに今のところストップを付けに行く勇気もなしって感じ。

 1時間足を見ても、トレンドは上向きながら、スイングは下向きとなっており、
また、MACDがsignalとデットクロスしていることやストキャスティックスも売り
サインを点灯しており、現在の上値の重さを裏付ける形となっています。

 ようするに、少なくとも欧州勢が参入してくるまでは、小動きが続くってこと
になりそうだってことでしょう・・・。

usdjpy hourly 200805281000
usdjpy hourly macd&stochastics 200805281000



[2008/05/28 10:16] 雑感 | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080528



[2008/05/28 07:45] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200805280700



[2008/05/28 07:06] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080528



[2008/05/28 06:50] トレードポイント | TB(0) | CM(0)

5/27の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は、東京市場終盤にCTAからクロス円の買いが
持ち込まれたことをきっかけとした円売り地合いを引き継ぎ取引が始まりました。

 その後も米株価指数先物が上昇に転じたことも円売りの材料とされた模様で、
ドル円は104.35、ユーロ円は163.90処をそれぞれ示現。米第1・四半期S&P/
ケースシラー住宅価格指数の悪化にはほとんど反応なし。やっぱり、指標悪化の
思惑から東京市場でドル円が売られたときは、NYでは反対に動いたって感じ。
もっとも、昨日の場合は東京市場終盤から既に反対に動いてましたが・・・。
NYの午後は閑散商状の中、小動きながらドルは高値圏で推移しました。その
一方で、ユーロドルは1.5683処まで急落し、気がつけばドル全面高になっていた
って相場でした。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にして下さい。

08/05/27主要通貨レンジ・ピボットポイント



ドル円・クロス円が底堅い動きながら・・ 


 本日の東京市場は、午前中はまったくヤル気が感じられず、小動きってゆーか
ほとんど横這いに近い展開となりましたが、午後になるとCTA系の買いがクロス円に
持ち込まれた模様で、ユーロ円は163.89まで上昇。これにつられる形でドル円も
103.99まで上昇。しかし、あと一歩のところで104円台には乗らず。ユーロドルは
1.5819まで上値を伸ばした後引けにかけてロシア筋の売り(?)に押されて1.5726
まで反落するなど荒っぽい値動きとなりました。

 海外市場に入ってもドル円・クロス円は底堅く推移しているものの、今夜の米・住宅
関連指標の発表を前に値動きは小幅なものにとどまっています。

 それでは主要3通貨ペアの海外市場向けピボットポイントをアップしておきますので、
興味のある方は参考にして下さい。

originalpivot20080527



[2008/05/27 20:07] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

小動きには違いないがドル円よりはまし 


 ここまでのユーロドルは、1.5766-1.5800のレンジで推移しています。
僅か34pipsの値動きですが、ドル円がマザーマケットであるにもかかわらず、
18銭しか動いていないことを考えると、まぁ動いているほうでしょう。

 東京市場前場では、米国住宅市場関連指標の 悪化懸念からややドルが
弱含んでいるとの声が聞かれました。ただ、東京市場でこういう類の思惑で
動くときは、たいていの場合指標発表後、反対方向に動くような気がするん
ですが・・・。

 1時間足ベースで見るとユーロドルは、トレンドは上向きであるものの、スイング
は下向きとなっており、方向が一致しておらず、気迷い状態ながら、ややユーロが
堅調推移といったところ。まぁ短期的には1.5741を割り込まない限り、ユーロ買い
先行スタンスでいいと思いますが、私的にはあまり気乗りではありません。

eurusd hourly 200805271235



[2008/05/27 12:49] 雑感 | TB(0) | CM(0)

まったくヤル気が見えず 


 ここまでのドル円は、103.32-45程度のレンジ内での小動きにとどまっており、
全くヤル気が感じられません。

 ユーロドルが堅調に推移していることを考えると、もう少しドル円でもドルが
売られてもよさそうなんですが、ユーロ円が底堅い動きとなっており、動くに
動けずってところでしょうか・・・。

 方向的には↓だと思うものの、現状1時間足ベースではトレンド・スイング共に
上向きとなっており、仕掛けるとすれば8時間足に基づくピボットのLBOPである
103.16かHBOPの103.64のどちらかをブレイクしたときですかねぇ。

usdjpy hourly 200805270940



[2008/05/27 09:56] 雑感 | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080527



[2008/05/27 07:45] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200805270700



[2008/05/27 07:06] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080527



[2008/05/27 06:50] トレードポイント | TB(0) | CM(0)