3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080131



[2008/01/31 08:03] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200801310700



[2008/01/31 07:27] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080131



[2008/01/31 07:26] システムトレード | TB(0) | CM(0)

1/30の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場はFOMCまでは動意薄の展開かなぁ
なんて思っていたら、あにはからんや円売り、ドル売りの仕掛けが入りました。
そして、注目のFOMCではFFレート、公定歩合とも50bpの引き下げが決定
され、NYダウが大幅上昇。これを受けて円売りとドル売りが更に進みました。
しかし、その後モノライン格下げの思惑とかで株価が下落に転じると、一転
円の買戻しが優勢に。結局終わってみれば往って来いの展開。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にして下さい。

08/01/30主要通貨レンジ・ピボットポイント



3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080130



[2008/01/30 08:02] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200801300700



[2008/01/30 07:23] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080130



[2008/01/30 07:22] システムトレード | TB(0) | CM(0)

1/29の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場はレンジ内での往来相場って雰囲気が
強かったようですが、12月の米・耐久財受注が予想を大幅に上回ったことから、
米景気の先行き懸念が後退したとかでNYダウが続伸したこともあり、円絡みは
総じて円売りが優勢となりました。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にしてください。

08/01/29主要通貨レンジ・ピボットポイント



3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080129



[2008/01/29 07:53] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200801290700



[2008/01/29 07:29] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080129



[2008/01/29 07:27] システムトレード | TB(0) | CM(0)

1/28の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は利下げ観測の燻るポンドとドルが
軟調推移するなか、NYダウが先週末比でプラスになると円も売られたって
感じの相場。注目(?)の米・12月新築住宅住宅販売件数は1995年2月以来
の最低水準に落ち込んだものの、思ったほどのインパクトはなかった模様。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にして下さい。

08/01/28主要通貨レンジ・ピボットポイント



07:00-15:00のピボットポイント 


 1/25 23:00から1/26 7:00のレンジを基にしたピボットポイントです。
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200801280700



[2008/01/28 07:07] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


  先週末の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080128



[2008/01/28 06:31] システムトレード | TB(0) | CM(0)

ユーロドル・・日足篇 


 1/25 NY Close時点の日足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に上向き
となっています。

 一目均衡表上も、遅行線>同じ時間軸の日足、転換線>基準線、日足>先行
スパンと一応“三役揃い踏み”の強気サインを再点灯しています。

 これらのことから判断すると、前週で調整を終え、再び高値更新をトライする展開
になることも考えられると思います。ただ、転換線と基準線の乖離が急速に縮小して
おり、転換線が遅行線を下抜ける場合にはユーロドルが反落する可能性も一応
頭の片隅に置いておきたい。

 1月第5週の目標値は、一応COP=1.4946、OP=1.5143、XOP=1.5461と先週
と変わらず、この目標値は1.4507を下回るか、トレンド転換するまで有効。日足ベース
のトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4365。

ユーロドル日足20080125
ユーロドル日足エルダー線20080125



[2008/01/27 11:53] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ユーロドル・・週足篇 


 1/25 NY Close時点の週足を見るとユーロドルは、引き続きトレンドは上向きで
あるものの、スイングが下向きに転換しており、方向が一致していません。

 一目均衡表上は、遅行線>同じ時間軸の週足、転換線>基準線、週足>先行
スパンと“三役揃い踏み”の強気サインを維持しています。

 これらのことから判断すると、ユーロドルは依然として上昇トレンドにあると思われ
ますが、週足MACDオシレーターが前週に続いて下落していることや、ザラ場とは
いえ基準線を割り込む場面があったことなど、手放しでユーロ買いという状況でも
ないと思われます。次週はNY CloseベースでDMA3×3を下回るかどうかに注目
したい。

 ユーロのトレンドが確認された訳ではないので、1月第5週の目標値も、COP=1.4585、
OP=1.4938、XOP=1.5508で変わらず、この目標値は1.3713を下回るかトレンド転換する
まで有効。週足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは1.4310。

ユーロドル週足20080125
ユーロドル週足MACD20080125



[2008/01/27 10:39] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ドル円・・日足篇 


 1/25 NY Close時点の日足を見るとドル円は、引き続きトレンドは下向きである
ものの、スイングが上向きに転換しており、方向が一致していません。

 一目均衡表上は、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線、日足<先行
スパンと“三役逆転”の弱気サインを維持しています。

 これらのことから大勢としてのドル安トレンドは変わらないものの、日足ベースでは
目先は昨年末からの急激なドル下落に対する調整でドルの戻りを試す展開を想定
しておく必要があるかもしれません。その意味では、NY Closeベースで基準線を
上抜けできるかどうかに注目したい。

 とは言え、ドルの下落トレンドが転換したわけではないので、1月第5週の目標値は、
COP=106.30、OP=103.72、XOP=99.54で変わらず、この目標値は112.08を上回
るかトレンド転換するまで有効。日足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となる
ポイントは110.13。

ドル円日足20080125
ドル円日足エルダー線20080125



[2008/01/27 09:28] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ドル円・・週足篇 


 1/25 NY Close時点の週足を見るとドル円は、引き続きトレンド・スイング共に
下向きとなっています。

 一目均衡表上も、遅行線<同じ時間軸の週足、転換線<基準線、週足<先行
スパンと“三役逆転”の弱気サインを維持しています。

 また、週足MACDオシレーターも引き続き下落しており、1月第4週は若干下げ
渋った感があるものの、少なくとも週足ベースではチャート上にドルの下落トレンド
転換を示す兆候はなく、下値リスクに対する警戒が怠れない状況が続くものと思わ
れます。

 1月第5週の目標値は、COP=108.64、OP=103.85、XOP=96.10で変わ
らず、この目標値は119.35を上回るかトレンド転換するまで有効。また、週足
ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは114.66。

ドル円週足20080125
ドル円週足MACD20080125



[2008/01/27 08:40] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

週明けの各指標とポジション状況は下図の通り。

3screentrading20080128

先週のシステムトレーディングの結果は下図の通り。

3screentradingsummary20080121-25



[2008/01/27 07:29] システムトレード | TB(0) | CM(0)

1/25の主要通貨日足レンジと1/28のテクニカルポイント 


 週末の海外市場は、欧州株式市場や米国株式指数先物の上昇を受け、
円売りが優勢な展開で取引が始まりました。しかし、NY市場がオープン
すると、ヘッジファンドや欧州金融機関の追加損失計上の噂などから、
NY株式市場が軟調推移に転じたこともあり、円とドルのショートカバー
が優勢となりました。また、先日の緊急利下げは円売り要因となったものの、
この日の米国の追加利下げ観測が円買い要因に働いたとの指摘もあるらしい。
なんとなく為替の動きに合わせて無理やり理由をこじつけたって感は否めません。

 ってことで(?)昨日の主要通貨日足レンジと週明けのピボットポイントをアップ
しますので、週末の分析にお役立て下さい。それではよい週末を!!

08/01/25主要通貨レンジ・ピボットポイント



3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080125



[2008/01/25 07:54] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200801250700



[2008/01/25 07:35] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080125



[2008/01/25 07:34] システムトレード | TB(0) | CM(0)

1/24の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は欧米の株式市場が堅調推移となった
こともあり、円売りが優勢となっていますね。ドル円は107円台、ユーロ円は
158円台にそれぞれ乗せています。後、リスク回避の動きで買い戻されてきた
ドルも円以外の通貨に対しては軟調推移しています。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にしてください。

08/01/24主要通貨レンジ・ピボットポイント



3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080124



[2008/01/24 07:50] システムトレード | TB(0) | CM(0)

07:00-15:00のピボットポイント 


 前8時間のレンジに基づいたピボットポイントをアップしますので、
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200801240700



[2008/01/24 07:30] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20080124



[2008/01/24 07:28] システムトレード | TB(0) | CM(0)

1/23の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は欧州株式市場が軟調スタートと
なったこともあり、リスク回避の円買いが優勢でした。がしかぁ~し、米
政府によるモノライン救済の可能性が浮上したとかで、NYダウが大幅
反発に転じたことから一転円売り優勢に。またしても、株式市場に翻弄
される展開となりました。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップ
しますので、参考にしてください。

08/01/23主要通貨レンジ・ピボットポイント



15:00-23:00のピボットポイント 


 今月の29、30日に開催されるFOMCでの追加利下げはないだとか、
モノライン破綻の噂だとかで、日経平均が一時上げ幅を大幅に縮小
したこともあり、ドル円・クロス円も売りが優勢となり、下押しが入った
ものの、日経平均が再び上げ幅を拡大すると、円の買い戻しも一服。

 結局は株次第の展開。つまらん。でも、この一時的な下押しのおかげで
一時大幅な含み損を抱えていたユーロ円は利食いで逃げれましたので、
よしとしよう・・・。

8hourpivot200801231500



[2008/01/23 15:06] ピボットポイント | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20080123



[2008/01/23 07:57] システムトレード | TB(0) | CM(0)