3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20071228



[2007/12/28 07:48] システムトレード | TB(0) | CM(1)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071228



[2007/12/28 07:15] システムトレード | TB(0) | CM(0)

12/27の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場では、予想を下回る米・耐久財受注を
きっかけにドル売りが優勢の展開となったみたいですね。ユーロは1.46台を
回復し、ドル円は113円台に反落。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップします
ので、参考にしてください。

07/12/27主要通貨レンジ・ピボットポイント



3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20071227



[2007/12/27 07:44] システムトレード | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071227



[2007/12/27 07:23] システムトレード | TB(0) | CM(0)

12/26の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は、まだクリスマス休暇気分が
抜けきれない中、閑散商状だった模様。そんな中、ユーロが値を上げる
一方で、円は小動きながら売りが優勢となりました。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップ
しますので、参考にしてください。

07/12/26主要通貨レンジ・ピボットポイント



3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20071226



[2007/12/26 08:03] システムトレード | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071226



[2007/12/26 07:41] システムトレード | TB(0) | CM(0)

12/25の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 主要市場がクリスマスで休場のため、特記事項なしってことで・・・。

昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので
参考にしてください。

07/12/25主要通貨レンジ・ピボットポイント



[2007/12/26 07:40] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20071225



[2007/12/25 08:31] システムトレード | TB(0) | CM(0)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071225



[2007/12/25 07:41] システムトレード | TB(0) | CM(0)

12/24の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。昨日の海外市場は、クリスマス休暇で市場参加者が少なく
閑散商状の中、米メリルリンチがシンガポール政府系投資会社などから最大62
億ドル の出資受け入れると発表したことを好感し、NY株価が上昇したことを受け
円が全面安の展開となりました。

 昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので参考に
してください。

07/12/24主要通貨レンジ・ピボットポイント



07:00-15:00のピボットポイント 


 12/21 23:00から12/22 7:00のレンジを基にしたピボットポイントです。
デイトレの参考にしてください。

8hourpivot200712240700



[2007/12/24 08:31] ピボットポイント | TB(0) | CM(1)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 先週末の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071224



[2007/12/24 08:29] システムトレード | TB(0) | CM(0)

ユーロドル・・日足篇 


 12/21 NY Close時点の日足を見るとユーロドルは、依然としてトレンド・スイング共に
下向きとなっています。

 一目均衡表上も、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線と弱気サインを示して
おり、日足も先行スパンの中に埋没して引けており、完全な“三役逆転”ではないものの、
目先のユーロドルの軟調地合いを暗示しているように思われます。

 12月第4週の目標値は、COP=1.4420、OP=1.4251、XOP=1.3977で変わらず、この
目標値は1.4799を上回るまで有効。日足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯
となるポイントは1.4751。

ユーロドル日足20071221
ユーロドル日足エルダー線20071221



[2007/12/23 19:01] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ユーロドル・・週足篇 


 12/21 NY Close時点の週足を見るとユーロドルは、トレンドは依然として上向き
であるものの、スイングが下向きとなっており、方向が一致していません。

 一目均衡表上は、遅行線>同じ時間軸の週足、転換線>基準線、週足>先行
スパンと“三役揃い踏み”の強気サインを維持しています。

 しかし、NY Closeベースで引き続き転換線を下回っていることや、週足MACD
オシレーターが下落を続けていることを考えると、週足ベースではユーロドルは、
引き続き調整局面にあるのではないかと思われます。

 とは言え、明確な売りサインが点灯している訳ではなく、12月第4週の目標値は
引き続き、COP=1.4585、OP=1.4938、XOP=1.5508となり、この目標値は1.3713
を下回るかトレンド転換するまで有効。週足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯
となるポイントは1.4015。

ユーロドル週足20071221
ユーロドル週足MACD20071221



[2007/12/23 18:01] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ドル円・・日足篇 


 12/21 NY Close時点の日足を見るとドル円は、引き続きトレンド・スイング共に
上向きとなっています。

 一目均衡表上も、遅行線>同じ時間軸の日足、転換線>基準線、日足>先行
スパンと“三役揃い踏み”の強気サインを点灯しています。

 このことからすれば、ドル円は日足ベースでは当面底堅く推移するのではないかと
思われます。

 12月第4週の目標値も、COP=112.04、OP=113.58、XOP=116.06で変わらず、
この目標値は108.76を下回るか、トレンド転換するまで有効。日足ベースの
トレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは112.74。

ドル円日足20071221
ドル円日足エルダー線20071221



[2007/12/23 17:01] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ドル円・・週足篇 


 12/21 NY Close時点の週足を見るとドル円は、トレンドは下向きであるものの、
スイングが上向きとなっており、依然として方向が一致していません。

 一目均衡表上は、遅行線<同じ時間軸の週足、転換線<基準線、週足<先行
スパンと“三役逆転”の弱気サインを維持しているものの、転換線を上回ってNY
Closeを迎えていることや、週足MACDオシレーターが引き続き上昇していること
から、中長期的なドル安トレンドに変わりはないものの、目先はNY Close時点で
115.59に位置する基準線をめぐる攻防が引き続き焦点となるかもしれません。

 一応12月第4週の目標値も、COP=108.64、OP=103.85、XOP=96.10で変わ
らず、この目標値は119.35を上回るかトレンド転換するまで有効。また、週足
ベースのトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは117.95。

ドル円週足20071221
ドル円週足MACD20071221



[2007/12/23 16:01] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証 


前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

週明けの各指標とポジション状況は下図の通り。

3screentrading20071224
先週のシステムトレーディングの結果は下図の通り。

3screentradingsummary20071217-21



[2007/12/23 15:18] システムトレード | TB(0) | CM(0)

12/21の主要通貨日足レンジと12/24のテクニカルポイント 


 12/21の海外市場は、米11月コアPCE価格指数が連銀容認レンジを上回った
事を受け、米債利回りが上昇したことや、日経金融新聞に「年明けに日銀が利下げ」
との観測記事が掲載されたことから日米金利差拡大の思惑が強まり、ドル円は114円
台へ上昇した。また、インフレ懸念の高まりで米金利が上昇したことから、ドルはその
他の通貨に対しても堅調推移となった。

 12/21の主要通貨日足レンジと12/24のピボットポイントをアップしますので参考に
して下さい。

07/12/21主要通貨レンジ・ピボットポイント



12/20の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 多忙のため手抜きだけどお許しを・・・。

07/12/20主要通貨レンジ・ピボットポイント
dinapoli20071221



DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071220



[2007/12/20 07:22] システムトレード | TB(0) | CM(0)

12/19の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。クリスマスも目前に迫り、マーケットはかなり薄くなっている
ような感じがするのは私だけでしょうか?手負いの獅子が大玉でも振らない限り
マーケットはレンジ相場にならざるを得ないのかって感じですねぇ・・・。

 そー言えば、本邦の3大メガバンクは要請を受けていた米国サブプライム基金への
資金協力を見送る方針を固めたそうですね。

 それでは昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップしますので
参考にしてください。

07/12/19主要通貨レンジ・ピボットポイント



DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 昨日のの主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071219



[2007/12/19 07:26] システムトレード | TB(0) | CM(1)

12/18の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント 


 お早うございます。職場環境が変わったため当分これまでのように
Blogの更新ができませんが、とりあえず昨日の主要通貨日足レンジと
本日のピボットポイントをアップしておきます。参考にしてください。

07/12/18主要通貨レンジ・ピボットポイント



07:00-15:00のピボットポイント 


 12/14 23:00から12/15 7:00のレンジを基にしたピボットポイントです。
デイトレの参考にしてください。
8hourpivot200712170700



[2007/12/17 07:01] ピボットポイント | TB(0) | CM(1)

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版 


 先週末の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20071217



[2007/12/17 06:31] システムトレード | TB(0) | CM(0)

ユーロドル・・週足篇 


 12/14 NY Close時点の週足を見るとユーロドルは、トレンドは依然として上向き
であるものの、スイングが下向きに転じており、方向が一致していません。

 一目均衡表上は、遅行線>同じ時間軸の週足、転換線>基準線、週足>先行
スパンと“三役揃い踏み”の強気サインを維持しています。

 しかし、週足がCloseベースで転換線を下回っていることや、週足MACDオシレーター
が下落を続けていることから、ユーロドルは調整売りが先行する展開になるかもしれません。

 とは言え、明確な売りサインが点灯している訳ではなく、12月第3週の目標値は
引き続き、COP=1.4585、OP=1.4938、XOP=1.5508となり、この目標値は1.3713
を下回るかトレンド転換するまで有効。週足ベースのトレンド転換&売りサイン点灯
となるポイントは1.4015。

ユーロドル週足20071214
ユーロドル週足MACD20071214



[2007/12/16 18:01] テクニカル分析 | TB(0) | CM(1)

ドル円・・日足篇 


 12/14 NY Close時点の日足を見るとドル円は、トレンド・スイング共に上向き
となっています。

 一目均衡表上は、遅行線>同じ時間軸の日足、転換線>基準線と強気サイン
を示す一方で、僅かながら日足が先行スパンを下回っており、完全な強気サインを
点灯するには至っていません。

 しかし、週明けには雲の上限が113.54まで降りてくることもあり、一目均衡表上で
“三役揃い踏み”の強気サインを点灯する可能性が十分にあると思われます。
よって目先的にはドル円は底堅く推移するものと思われます。

 12月第3週の目標値も、COP=112.04、OP=113.58、XOP=116.06で変わらず、
この目標値は108.76を下回るか、トレンド転換するまで有効。日足ベースの
トレンド転換&売りサイン点灯となるポイントは107.22。

ドル円日足20071214
ドル円日足エルダー線20071214



[2007/12/16 17:03] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

ユーロドル・・日足篇 


 12/14 NY Close時点の日足を見るとユーロドルは、トレンド・スイング共に下向き
となっています。

 一目均衡表上は、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線と弱気サインを
示しており、日足も先行スパンの中に埋没して引けており、完全な“三役逆転”では
ないものの、目先のユーロドルの軟調地合いを暗示しているように思われます。

 12月第3週の目標値は、COP=1.4420、OP=1.4251、XOP=1.3977となり、この
目標値は1.4799を上回るまで有効。日足ベースのトレンド転換&買いサイン点灯
となるポイントは1.4751。

ユーロドル日足20071214
ユーロドル日足エルダー線20071214



[2007/12/16 16:31] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)